【FIA-F4】チャンピオン宮田、意地の連勝「ホームだし勝ちたかった」

FIA-F4の昨年チャンピオンの宮田莉朋は、ホームコースの富士スピードウェイで2連勝を飾り、ポイントランキングトップに躍り出た。

 5月3日、4日に富士スピードウェイでFIA-F4の第3・4戦が行われ、宮田莉朋(FTRSスカラシップF4)が2連勝をマーク。一気にポイントランキングトップに躍り出た。

 開幕ラウンドの岡山では思わぬ苦戦を強いられた宮田だが、ここ富士は宮田にとってもチームにとってもホームコース。予選からアグレッシブに攻めていき、第3戦は2番グリッドを獲得する。

 決勝では、大湯都史樹(HFDP/SRS/コチラレーシング)と抜きつ抜かれつの壮絶なバトルの末、優勝。レース序盤は大湯に大きく離される場面もあったが、最後は帳尻を合わせたかのように彼を追い詰め、見事な逆転勝利を飾った。

 続く第4戦は宮田がポールポジションからスタート。1コーナーではしっかり先頭を死守するが、4周目のコカ・コーラコーナーでコースオフ。これで笹原右京(HFDP/SRS/コチラレーシング)にトップを明け渡してしまう。それでも、宮田は冷静に追い上げ10周目のメインストレートでオーバーテイク。序盤にミスがあったものの、ここでもチャンピオンらしい強さをみせ2連勝を飾った。

「序盤は、HFDP勢の方がペースが速いことはわかっていたので、後ろに下がらないようにしようと心がけました。1~2周目でポジションをキープできていたことが勝因になったと思います」と、第3戦の好バトルについて冷静に語った宮田。

 第4戦については、序盤のコースオフについては路面のコンディションが原因だったとのこと。「路面が滑りやすい状況でしたが、それにもっと早く気づいていれば、もっと楽なレースができたのかなと思います」と、こちらはやや反省気味だった。

 ただ、全体を通して今回の富士ラウンドでは何か手応えというか、ここ数レースでのうっ憤を晴らすようなレースができた模様。

 岡山ラウンドではチャンピオンとして臨んだにもかかわらず2連敗を喫し、続く全日本F3選手権の鈴鹿ラウンドでも予選でトラブルが発生し2戦とも走れずリタイア。自分自身、思うようにレースができなかった部分もあったが、直近数レースでの出来事も、自身をかりたてるモチベーションになっていたようだ。

「F3は使っているマテリアルが違うところもあるので、勝つのは簡単ではない部分もあります。富士はやっぱりホームコースだし、F4の方が勝つ確率が高いと思っていたので、今回もちろん勝ちたかったです。変にストレスという部分はあまりなく、(ここ数戦思うように走れなかったことを)うまく闘争心にかえて、勝つためにこの準備が必要だと思ってそれを実行してきました」

「今回は速さだったり、スタートもうまくきまりました。次は富士のF3なんで、この流れを生かして良いレースにしたいなと思っています」

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

【FIA-F4】F1目指し、200%の力出した笹原。謎の”失速”に負けず3位

【FIA-F4】第4戦富士:宮田莉朋がポールから連勝。富士ラウンドを制す

【FIA-F4】第3戦富士:宮田、大湯との熾烈な一騎討ち制し今季初優勝

【全日本F3】宮田莉朋、マシン損傷のため第4戦と第5戦を欠場

【FIA-F4】前年王者まさかの”連敗”。宮田「しっかり課題改善していく」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA-F4選手権
イベント名 第3戦&第4戦富士
記事タイプ 速報ニュース