【FIA-F4】第3戦富士:宮田、大湯との熾烈な一騎討ち制し今季初優勝

FIA-F4の第3戦が富士スピードウェイで行われ、昨年王者の宮田莉朋(FTRSスカラシップF4)が熾烈な一騎討ちを制して、今季初優勝を果たした。

 FIA-F4の第3戦が富士スピードウェイで行われ、昨年のチャンピオンである宮田莉朋(FTRSスカラシップF4)が今季初優勝を果たした。

 ホールショットを決めたのは、ポールポジションからスタートした大湯都史樹(HFDP/SRS/コチラレーシング)。2番グリッドからスタートした宮田は、3番手河野駿佑(HubAuto F110)に並びかけられるも2番手をキープした。予選でのトラックリミット違反により、3グリッド降格ペナルティを受けて8番グリッドからスタートした初戦ウイナーの笹原右京(HFDP/SRS/コチラレーシング)は、6番手にポジションを上げた。

 2周目の1コーナーでも河野からオーバーテイクを仕掛けられるが、宮田はまたしてもこれをしのいだ。

 4周目に入り、トップ大湯と宮田の差は1.3秒。5周目には0.9秒ほどと、宮田はそのギャップを確実に削り取っていった。3周目に5番手に浮上した笹原は、5周目に河野をオーバーテイクし、4番手に浮上した。

 宮田が大湯に追いつき、優勝争いの2台は完全にテール・トゥ・ノーズ状態。3番手争いも、篠原拓朗(MediaDo ADVICS影山F110)の背後に篠原がぴったりとつけた。

 宮田は、何度も1コーナーでラインを変え、大湯に揺さぶりをかけた。10周目のメインストレートで宮田が大湯に並び、1コーナーでついにトップに浮上。後方では、笹原も篠原を攻略し表彰台圏内までポジションを上げた。

 トップに浮上した宮田だが大湯を引き離すには至らず、残り3周目の300Rで2台はサイド・バイ・サイド状態に。大湯がトップを奪還するが、宮田はすぐさまメインストレートで大湯を抜き返した。

 ファイナルラップまで2台は接近したままでバトルを続けていたが、宮田がトップを守りきり、チェッカーを受けた。大湯は0.671秒差で2位。笹原もその後ろ0.590秒の3位でレースを終えた。

【関連ニュース】

【FIA-F4】前年王者まさかの”連敗”。宮田「しっかり課題改善していく」

【FIA-F4】岡山第2戦:一騎打ち制した角田「スタートうまく決まった」

【FIA-F4】岡山第1戦:”逆輸入”新人、笹原右京優勝「楽しんで戦えた」

スタート前でも「緊張しない」右京の強み:笹原右京インタビュー②

「どんな手を使っても、F1にたどり着く」:笹原右京インタビュー①

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA-F4選手権
イベント名 第3戦&第4戦富士
記事タイプ 速報ニュース