【FIA-F4】第5戦オートポリス:笹原右京、開幕戦以来の2勝目をマーク

FIA-F4の第5戦がオートポリスで行われ、ポールポジションからスタートした笹原右京(HFDP/SRS/コチラレーシング)が優勝した。

 FIA-F4の第5戦がオートポリスで行われ、ポールポジションからスタートしたポールポジションからスタートした笹原右京(HFDP/SRS/コチラレーシング)が優勝。開幕から5戦連続の表彰台を獲得し、開幕戦以来の2勝目を挙げた。

 ポールポジションからスタートした笹原右京(HFDP/SRS/コチラレーシング)は、2番手の角田裕毅(SRS/コチラレーシング)が完全に出遅れたこともあり、トップを守る。2番手には大湯都史樹(HFDP/SRS/コチラレーシング)、3番手は宮田莉朋(FTRSスカラシップF4)が続いた。

 トップを快走する笹原は、後続を徐々に引き離していく。大湯も食らいついていくが、レース残り5周までに大湯との差を1.9秒となった。

 レース終盤、逆に大湯のペースが悪くなり始め、大湯から1.7秒離されていた3番手の宮田が、徐々に差を詰めた。

 ファイナルラップに入り、2番手争いは完全にテール・トゥ・ノーズ。背後から隙を伺う宮田だが、大湯は逆転を許さず2位を守った。

 笹原は後方でバトルがあったこともあり、大湯に3.6秒差をつけてポール・トゥ・ウィン。開幕戦で優勝を果たして以来の2勝目を挙げた。

【関連ニュース】

【FIA-F4】チャンピオン宮田、意地の連勝「ホームだし勝ちたかった」 

【FIA-F4】F1目指し、200%の力出した笹原。謎の”失速”に負けず3位

【FIA-F4】第4戦富士:宮田莉朋がポールから連勝。富士ラウンドを制す

【FIA-F4】第3戦富士:宮田、大湯との熾烈な一騎討ち制し今季初優勝

【FIA-F4】岡山第1戦:”逆輸入”新人、笹原右京優勝「楽しんで戦えた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA-F4選手権
イベント名 第5戦&第6戦オートポリス
サーキット オートポリス
記事タイプ 速報ニュース