FIA-F4開幕戦岡山:フル参戦デビューの名取鉄平が嬉しい初優勝果たす

シェア
コメント
FIA-F4開幕戦岡山:フル参戦デビューの名取鉄平が嬉しい初優勝果たす
執筆: 松本和己
2018/04/07 11:54

岡山国際サーキットで行われたFIA-F4の開幕戦は、名取鉄平(HFDP/SRS/コチラレーシング)が初優勝を果たした。

 FIA-F4選手権の開幕戦が岡山国際サーキットで行われ、名取鉄平(HFDP/SRS/コチラレーシング)が初優勝を挙げた。

 赤旗が2回掲示されるなど、難しい予選でポールポジションを獲得した角田裕毅(HFDP/SRS/コチラレーシング)だったが、好スタートを見せた2番グリッドの細田輝龍(DRPF4)がホールショットを奪った。

 すると、角田はアトウッドカーブのブレーキングでタイヤをロックさせた大滝拓也(SRS/コチラレーシング)と接触してしまい、グラベルで痛恨のスタック。早々にレースからリタイアすることになってしまった。大滝は4番手にポジションを落とした。

 このレースがFIA-F4フル参戦デビューの名取が細田に続き2番手となった。名取の方がペースが良いようで、両者の差が徐々に詰まっていった。

 3番手の澤田真治(MediaDoADVICS影山F110)と4番手の大滝のバトルも僅差の争いに。表彰台をかけて大滝はプレッシャーをかけていくが、澤田も隙を見せずに周回を重ねていく。しかし、大滝には角田との接触の件でドライブスルーペナルティが科せられ、上位争いから脱落することになってしまった。

 残り5周、細田まで0.4秒差につけた名取はアドウッドコーナーを綺麗に立ち上がると、ヘアピンのブレーキングで一気に細田のインに飛び込んだ。軽くスモークをあげながらも、なんとかコーナーをまとめた名取がオーバーテイクを完了し、トップに浮上した。

 先頭に躍り出た名取は自己ベストタイムを叩き出し、すぐさま細田に1秒以上のギャップを築いた。名取は、そのまま危なげなくトップチェッカーを受けた。

 細田は、終盤に澤田からプレッシャーを受けるもこれを退けて2位。澤田は3位でフィニッシュとなった。

次の FIA-F4選手権 ニュース
角田裕毅、第1戦の雪辱を晴らす圧巻の独走優勝/FIA-F4選手権第2戦

前の記事

角田裕毅、第1戦の雪辱を晴らす圧巻の独走優勝/FIA-F4選手権第2戦

次の記事

貪欲さと冷静さで掴んだ逆転2連覇、宮田莉朋「厳しいシーズンだった」

貪欲さと冷静さで掴んだ逆転2連覇、宮田莉朋「厳しいシーズンだった」

この記事について

シリーズ FIA-F4選手権
執筆者 松本和己
記事タイプ 速報ニュース