F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
07 時間
:
51
:
36
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

目指すはF1……FIA-F4参戦中の若武者ふたりが海外挑戦の意気込み語る

シェア
コメント
目指すはF1……FIA-F4参戦中の若武者ふたりが海外挑戦の意気込み語る
執筆:
2019/08/07 9:33

現在日本のFIA-F4に参戦中の佐藤蓮と太田格之進が、9月にスポット参戦するフランスF4に向けての意気込みを語った。

 現在日本のFIA-F4でしのぎを削っているSRS/コチラレーシングの佐藤蓮と太田格之進。ふたりは9月に行われるフランスF4のマニ・クール戦にスポット参戦する。今回はそんな彼らに意気込みを訊いた。

Read Also:

 ふたりともカート時代に海外経験はあるものの、フォーミュラカーレース参戦のため渡欧するのは初めて。佐藤は当時の印象を振り返りつつ、次のように語った。

「F1という目標に向けて、海外のやり方や雰囲気にできるだけ早く馴染める環境をいただけて、すごく感謝しています」

「カートの時に海外で経験があるんですけど、日本のレースのイメージで行ったので、やはりバトルとかの面で押し負けていたかなという印象です」

 一方の太田は、2014年にCIK-FIAカート アカデミートロフィーに参戦。現在FIA F3に参戦中のリチャード・フェルシュホーに次ぐランキング2位を獲得している。十分な経験があることから海外レースに対する不安はない模様。彼は次のように語り、自信を覗かせた。

「(CIK-FIAカート アカデミートロフィーは)全車イコールコンディションで行われたカテゴリーでしたが、そのうちベルギーで1回勝って、シリーズランキングも2位になりました。英語も話せますし、空気にのまれることはないと思います。ただ、どんな週末になるかはあまり予想できていないですね」

 また太田は、舞台となるマニ・クール・サーキットの印象についても語った。

「F1を開催していたコースですし、フランスの中でも権威のあるサーキットだと思っています。パっと見はおもしろそうだなと思いますし、オーバーテイクも比較的しやすいのかなという印象なので、楽しみにしています」

 ふたりはこれからシミュレーターなどを駆使してコースの習熟を深めていくという。将来的に更なるステップを目指す若武者たちは、今後に向けて力強いコメントを残してくれた。

 現在FIA F4でランキングトップ独走中の佐藤は、目標としている“F1”への想いを語った。

「序盤戦は安定してポイントを稼げてきたかなとは思うんですけど、後半戦になって少し苦戦しているので、ここが踏ん張りどころかなと思っています。(ホンダも)F1ですごく活躍していて、今が一番良い時期だと思っているので、ここで止まっていられないなと思います」

 そしてそんな佐藤を追いかけ、逆転タイトルを虎視眈々と狙っている太田は、FIA-F4代表としての責任感を語った。

「チャンスをくださったホンダさんや鈴鹿レーシングスクールさんの期待に応えられるように頑張ります。これで僕たちが下の方を走れば日本のFIA-F4のレベルも問われてきますし、そのレベルが高いと証明するためにも、責任感を持って戦いたいと思います」

佐藤蓮、太田格之進(SRS/コチラレーシング)

佐藤蓮、太田格之進(SRS/コチラレーシング)

Photo by: Tomohiro Yoshita

次の記事
FIA-F4第7戦&第8戦:佐藤蓮が圧巻の2連続ポールトゥウイン。タイトルへ視界良好

前の記事

FIA-F4第7戦&第8戦:佐藤蓮が圧巻の2連続ポールトゥウイン。タイトルへ視界良好

次の記事

共通点は“負けず嫌い”? 小山美姫×渡嘉敷来夢による女子トップアスリート対談が実現

共通点は“負けず嫌い”? 小山美姫×渡嘉敷来夢による女子トップアスリート対談が実現
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA-F4選手権
イベント Rd.7 & Rd.8: Fuji Speedway
ドライバー Ren Sato
執筆者 戎井健一郎