角田裕毅、前日の鬱憤晴らす独走劇。ポール・トゥ・ウィンで今季6勝目

シェア
コメント
角田裕毅、前日の鬱憤晴らす独走劇。ポール・トゥ・ウィンで今季6勝目
執筆: 松本 和己
2018/09/16 11:00

FIA-F4選手権の第10戦SUGOは、角田裕毅(HFDP/SRS/コチラレーシング)がポール・トゥ・ウィンで6勝目を飾った。

 FIA-F4選手権の第10戦が、9月16日(日)にスポーツランドSUGOで開催され、角田裕毅(HFDP/SRS/コチラレーシング)が今季6勝目を挙げた。

 ポールポジションについたのは、15日の午前中に行われた予選で圧倒的な速さを見せた角田。チームメイトの名取鉄平が第9戦に続き2番グリッドについた。

 スタートでは1コーナーに向けて名取が角田の隙を伺うが、角田がこれをうまく捌きホールショット。上位陣はほぼグリッドオーダーのまま1周目を終えた。

 前日の第9戦は乾いていく路面で我慢のレースとなった角田だったが、その鬱憤を晴らすかのように猛プッシュ。名取も3番手の川合孝汰(DENSOルボーセF4)との差を少しずつ広げるが、角田はさらにそれを上回るラップタイムを並べた。6周を終えたところでそのリードは5秒まで拡大、角田が独走態勢を築いた。

 トップ4までの各車の間隔が開く中で、激しかったのは5番手争い。4番手を走る澤田真治(MediaDoADVICS影山F110)の後ろで、小倉祥太(DENSOルボーセF4)と小高一斗(FTRSスカラシップF4)が接近戦を繰り広げた。

 10周目には小倉と小高が1コーナーで並ぶが、3コーナーのグラベルにスピンした車両が止まっていたことで黄旗区間となっておりオーバーテイクはできず。ファイナルラップまで両者のバトルは続いたものの、小倉がポジションを守り切ることとなった。

 結局、角田は名取に対し7.6秒差をつけて今季6勝目。接触によるリタイアとなった開幕戦を除き、9戦連続の表彰台獲得となった。3位の川合は名取と2.4秒差だった。

次の FIA-F4選手権 ニュース
FIA-F4第6戦は大クラッシュが発生しSC先導で終了、角田が5連勝をマーク

前の記事

FIA-F4第6戦は大クラッシュが発生しSC先導で終了、角田が5連勝をマーク

Load comments

この記事について

シリーズ FIA-F4選手権
イベント 第9戦&第10戦 SUGO
執筆者 松本 和己
記事タイプ レースレポート