ユース五輪で電動カートのデモ実施。パリ五輪正式競技化を目指す?

シェア
コメント
ユース五輪で電動カートのデモ実施。パリ五輪正式競技化を目指す?
David Gruz
執筆: David Gruz
2018/10/18 8:33

ブエノスアイレスで行われているユースオリンピックで、電動カートのデモイベント実施。FIAカート委員会は、2024年パリオリンピックでの実施も目指している。

 アルゼンチンのブエノスアイレスで行われている第3回ユースオリンピックで、電動カートによるレースがデモンストレーションとして行われた。

 このイベントは、FIA(国際自動車連盟)のサポートにより行われたもの。少年と少女のペアによる6チームが組織され、フリー走行、予選、決勝を行った。

 レースは地元の若手レーサーであるフランコ・コラピントがポールポジションを獲得。チームメイトのマリア・ガルシア・プイグと共にレースを戦い、見事勝利を収めた。

 このレースは、メダルは授与されない、ユースオリンピックのサポートプログラムとして行われた。

 フェリペ・マッサが会長を務めるFIAのカート委員会は、電動カートのレースをオリンピック競技化しようと躍起になっており、2024年パリ五輪での実現を目指している。

次の記事
モータースポーツをオリンピック競技に……フェリペ・マッサの野望

前の記事

モータースポーツをオリンピック競技に……フェリペ・マッサの野望

Load comments

この記事について

シリーズ Kart
執筆者 David Gruz
記事タイプ 速報ニュース