F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
19 days

F1王者フィッティパルディの“12歳の息子”、F1目指し早くもスポンサー獲得

シェア
コメント
F1王者フィッティパルディの“12歳の息子”、F1目指し早くもスポンサー獲得
執筆:
2019/08/08 10:10

元F1ドライバーのエマーソン・フィッティパルディの“12歳の息子”であるエモ・フィッティパルディJr.が、大型のスポンサー契約を締結した。

 1972年と1974年の2度にわたってF1ワールドチャンピオンに輝き、インディ500も2度制した往年のドライバー、エマーソン・フィッティパルディ。今年で73歳となる彼の“息子”、エモ・フィッティパルディJr.(エモはエマーソンの愛称)は現在12歳で、複数のカートレースで優勝し、チャンピオンを獲得している。

 フィッティパルディJr.は弱冠12歳でマイアミを拠点とするブランディング会社『ブランドインスティテュート』のスポンサードを受けることとなった。同社のCEOであるジェームス・L・デットーアは次のように語った。

「フィッティパルディ家の名は、レース界の歴史の中で今なお輝き続けている。エモ(フィッティパルディJr.)は突出した才能の持ち主で、信じられないほどの野心がある。我々ブランドインスティテュートは、エモのメインスポンサーになれて光栄に思う。彼がF1ドライバーとなり、チャンピオンに輝くために必要な支援を行っていくつもりだ」

 また、父親であるフィッティパルディも、愛息の今後の活躍に期待を込めながらこう話した。

「今回の契約を発表できて嬉しく思う。ブランドインスティテュートとCEOのジェームス・L・デットーアは、私の息子であるエモ・フィッティパルディJr.のメインスポンサーとなる」

「エモはまだ12歳で、今後3年間はジュニアカテゴリーでレースをすることとなる。その後は、F1ドライバーになるという彼の夢を実現するため、F4から(フォーミュラレースキャリアを)始めていく予定だ。繰り返しにはなるが、ブランドインスティテュートからのサポートを受けられることを非常に嬉しく思う」

Brand Institute with Emerson Fittipaldi

Brand Institute with Emerson Fittipaldi

Photo by: Brand Institute

Emerson Fittipaldi Jr.

Emerson Fittipaldi Jr.

Photo by: Motorsport.com

Brand Institute with Emerson Fittipaldi

Brand Institute with Emerson Fittipaldi

Photo by: Brand Institute

Brand Institute with Emerson Fittipaldi

Brand Institute with Emerson Fittipaldi

Photo by: Brand Institute

 

次の記事
ユース五輪で電動カートのデモ実施。パリ五輪正式競技化を目指す?

前の記事

ユース五輪で電動カートのデモ実施。パリ五輪正式競技化を目指す?

次の記事

ロシアGPの鬱憤は晴らせた? ベッテルがスーパーカートをエンジョイ

ロシアGPの鬱憤は晴らせた? ベッテルがスーパーカートをエンジョイ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Kart
ドライバー Emerson Fittipaldi Jr.
執筆者 Charles Bradley