【F1】ラルフ・シューマッハーの息子がカート国際大会に参戦

ラルフ・シューマッハーの息子であるデビッド・シューマッハーが、WSKチャンピオンズカップに出走する。

 元F1ドライバーで、ミハエル・シューマッハーの弟であるラルフ・シューマッハーの息子デビッド・シューマッハーは、イタリアのアドリア・レースウェイで行われているカートの国際イベント、WSKチャンピオンズカップの出走する。彼は、父親ラルフのチームであるKSMレーシングで、シニアOKクラスに挑む。

 このイベントには、世界とヨーロッパのカートのトップドライバーが集い、OK、OKJ、KZ2、60Miniの各カテゴリーのレースが行われる。

 なお、このイベントに参戦する有名ドライバーの息子は、デビッドだけではない。MotoGPのチャンピオンであるミック・ドゥーハンの息子であるジャックがOKJクラスに参戦する。ドゥーハンは2015年にオーストラリアのKAジュニアでチャンピオンになり、昨年はCIK-FIA世界選手権に挑戦して23位になっている。

 また、ルカ・バドエルの息子であるブランド・バドエルも60Miniクラスに参戦予定だ。

【関連ニュース】

金丸悠「シューマッハーから勝利の”貪欲さ”を学んだ」

【F1】フェラーリ「ミック・シューマッハーが加入を望むなら喜んで!」

【F1】ブラウン「シューマッハーの功績は今もF1で輝いている」

ベルガー「フェルスタッペンをセナやシューマッハーと比べるのは早い」

【インディカー】佐藤琢磨キッズカートイベントに40人が参加

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Kart
記事タイプ 速報ニュース