【特集:オリンピックとモータースポーツ】元F1ドライバー、マッサの野望。2024年パリ五輪で電動カートの競技入りを目指す

7月23日に開会を迎えた東京オリンピック。元F1ドライバーのフェリペ・マッサは、次回の2024年パリ五輪から、モータースポーツをオリンピック競技にしようと働きかけている。

【特集:オリンピックとモータースポーツ】元F1ドライバー、マッサの野望。2024年パリ五輪で電動カートの競技入りを目指す

 元F1ドライバーのフェリペ・マッサは、モータースポーツをオリンピック競技に加えることを目指している。

 マッサは2017年限りでF1から引退したのち、FIAのカート委員会会長を務めている。就任当時からすでに彼はカートの将来像について自身の意見を発表しており、そのうちのひとつとして、2018年にアルゼンチンのブエノスアイレスで行なわれたユースオリンピックの際に、電動カートのデモイベントを計画した。

 そして第3回ユースオリンピックで少年と少女のペアによる6チームが組織され、電動カートによるレースがデモンストレーションとして実施された。

 マッサの最終目標は、このカートを、オリンピックの競技にすることだという。彼はブラジルのテレビ番組で、「良い考えがある」と語っている。

「その考えとは、2024年にパリで行われるオリンピックで、電動カートを競技にすることだ」

 1900年のパリ五輪で自動車レースが行なわれたことがある。この大会ではクリケットや気球競技などのほか、綱引きや魚釣りなども、同年のパリ万博と並行する形でデモンストレーションとして行なわれている。

 結果的にこれまで、モータースポーツがオリンピックの競技になったことはない。しかしFIAは、国際オリンピック委員会(IOC)が定める国際競技連盟のひとつとして名を連ねており、可能性が全くないわけではないだろう。

 これまでモータースポーツと言えばエンジンカーを使って行なうのが主流だったが、今ではフォーミュラEの普及などもあり、電動マシンの台頭が急速に進んでいる。それに伴い、電動カートの開発も進められている。現状ではバッテリーの重量が重いことが難点だが、マッサは早々に実現可能なレベルに達するだろうと信じている。

「バッテリーの重量を減らすために、開発すべきことがたくさんある。現状では、バッテリーは非常に重いんだ」

「子供たちが走る場合を考えると、例えばクラッシュしたり、横転したりした場合には、カートの重量が大きな違いを生むことになる。しかし、開発のスピードは非常に早いため、それには短い時間しかかからないだろう」

 マッサは、カートを推進するというFIAでの現在の役割に満足しているようだ。

「僕はキャリアの中で、想像以上に多くのことを達成することができた。夢見ていたよりも、はるかに多い」

「学校のような形で子供たちに還元できるなら、それは価値があることだと思う」

Additional reporting by Bruno Ferreira

Read Also:

シェア
コメント
カート”バンパー投げつけ”事件のコルベリ、控訴が棄却され15年間の競技活動禁止が決定

前の記事

カート”バンパー投げつけ”事件のコルベリ、控訴が棄却され15年間の競技活動禁止が決定

コメントを読み込む