F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
R
オーストリアGP
13 8月
次のセッションまで……
08 時間
:
12
:
09
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
9 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

ロシアGPの鬱憤は晴らせた? ベッテルがスーパーカートをエンジョイ

シェア
コメント
スライダー
リスト

Sebastian Vettel testing Tony Kart

Sebastian Vettel testing Tony Kart
1/10

写真:: Uncredited

Sebastian Vettel testing Tony Kart

Sebastian Vettel testing Tony Kart
2/10

写真:: Uncredited

Sebastian Vettel testing Tony Kart

Sebastian Vettel testing Tony Kart
3/10

写真:: Uncredited

Sebastian Vettel helmet

Sebastian Vettel helmet
4/10

写真:: Uncredited

Sebastian Vettel testing Tony Kart

Sebastian Vettel testing Tony Kart
5/10

写真:: Uncredited

Sebastian Vettel testing Tony Kart

Sebastian Vettel testing Tony Kart
6/10

写真:: Uncredited

Sebastian Vettel testing Tony Kart

Sebastian Vettel testing Tony Kart
7/10

写真:: Uncredited

Sebastian Vettel testing Tony Kart

Sebastian Vettel testing Tony Kart
8/10

写真:: Uncredited

Sebastian Vettel testing Tony Kart

Sebastian Vettel testing Tony Kart
9/10

写真:: Uncredited

Sebastian Vettel testing Tony Kart

Sebastian Vettel testing Tony Kart
10/10

写真:: Uncredited

執筆:
2019/10/02 8:55

フェラーリのセバスチャン・ベッテルはF1ロシアGP決勝の翌日、イタリアでカートを楽しんだ。

 F1ロシアGPでは一時トップを走行しながらも、マシントラブルによってリタイアとなったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。彼は決勝日の翌日、ロシアからイタリアに飛び、カートを楽しんだ。

 ベッテルが乗り込んだのは、トランスミッションが搭載され、ギヤチェンジを行ういわゆる“スーパーカート”。同国の著名なチームであり、過去には彼自身も所属したトニーカートの協力により今回の走行が実現した。

 ベッテルはTKARTマガジンに次のようにコメントした。

「日曜日は最悪な1日になってしまった。もっと良い日にするチャンスがあったのに……ただ、とにかく僕はここ(イタリア)に来た訳だ」

「たまにしかこういうこと(カート)ができないのは残念だ。もっと頻繁に来たいね。とても楽しいよ」

「僕はカートが好きなんだ。もっとやりたいんだけど、全ての(F1)レースに出ないといけないから時間がないんだ。もう少しうまく運営してほしいよね!」

 カートで数多くの実績を残してきたベッテルだが、スーパーカートを走らせるのはこれが初めてとのこと。ギヤを操作しながら走るという新しい挑戦を大いに楽しんだと語った。

「ギヤシフトをしながら(カートを)走らせるのは初めてのことだった」

「これまでと少し違った運転の仕方をする必要があった。もちろん、ギヤを操作していると車を走らせている感覚に近いものがあるね。とても楽しかった」

Read Also:

 

 

F1王者フィッティパルディの“12歳の息子”、F1目指し早くもスポンサー獲得

前の記事

F1王者フィッティパルディの“12歳の息子”、F1目指し早くもスポンサー獲得

次の記事

佐藤琢磨が直接指導。KIDS KART CHALLENGEファイナルで、小学生たちが激熱バトル

佐藤琢磨が直接指導。KIDS KART CHALLENGEファイナルで、小学生たちが激熱バトル
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , Kart
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム Tony Kart
執筆者 Charles Bradley