アストンマーチン、レース専用ヴァルキリーでル・マン参戦を目指す!?

アストンマーチンはレッドブルF1と共同開発したハイパーカー”ヴァルキリー”で、ル・マンに参戦することを目指している。

 アストンマーチンがレッドブル・レーシングと共同開発した”アストンマーチン・ヴァルキリー”。公道を走ることができる市販車ではあるが、その内実はレースカーと言っても過言ではない。

 このマシンにはコスワース製の6.5リッターV12エンジンが搭載され、さらにF1スタイルのKERS(運動エネルギー回生システム)が追加されている。これにより、1000馬力以上のパワーを発揮する。

 アストンマーチンのCEOであるアンディ・パーマーは、このヴァルキリーのレースバージョンが、ル・マン24時間レースで勝利を目指して戦うことができると考えている。このマシンがル・マン24時間に出走するためには、当然FIAの規則に合わせて改造を施すか、あるいはレギュレーション自体を変更しなければならない。

 ル・マン参戦について、パーマーは次のように語った。

「私の見方は常にクリアだ。アストンマーチンがプロトタイプ部門でレースをすることは決してない。なぜならそれは、我々とは関連がないからだ」

「しかし彼ら(FIA)が、市販車からレース用には派生したモノを許可するのであれば、それは我々やファンにとって興味深いモノだろう」

 そうパーマーは語った。

「市販車に由来したレースカーで勝利を目指して戦うということは、スポーツカーとル・マンの歴史に沿っている」

「そしてヴァルキリーがマクラーレンP1やラ・フェラーリ、その他のスーパーカーと戦うのは、興味深いだろう。そう思うのは、私だけではないと思う」

 すでにアストンマーチンは、AMR Proと名付けられたサーキット専用のヴァルキリーを登場させることを計画しており、2020年のデビューが目指されている。

→アストンマーチン・ヴァルキリーをF1風にカラーリングしたら……

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Le Mans
記事タイプ 速報ニュース