ジャッキー・チェン、チームのクラス優勝に「オスカーくらい嬉しい」

ジャッキー・チェンは、自身のチームがLMP2クラス優勝と総合2位を獲得したことに対し、「オスカー賞をもらった時と同じ」だと語った。

 2017年のル・マン24時間レースは、LMP1クラスのマシンにトラブルが相次ぎ、残り70分の段階で38号車ジャッキー・チェンDCレーシングが総合首位を走っていた。

 最終的には、レース序盤で1時間の修復作業を行っていた2号車ポルシェ919ハイブリッドが追い上げ総合優勝を飾ったものの、ホー・ピン・タンやオリバー・ジャービス、トーマス・ローランがドライブを担当した38号車はLMP2クラス優勝と総合2位でのフィニッシュを達成。チームが走らせたもう1台のマシン、37号車もクラス3位、総合4位で24時間を走り終えている。

 チームの共同オーナーであるジャッキー・チェンは、昨年11月ハリウッドで開催されたガバナーズ賞授賞式で、映画界に貢献したとして初のオスカー像を授与されているが、それと同じくらい今回のレース結果を喜んでいるようだ。

 彼は上海でスタント関係の用事があったために、今年のル・マン24時間レースには訪れていない。しかしレース後、彼はチームにお祝いのメッセージを送った。

「なんてエキサイティングなんだ! 僕がオスカーをもらった時とまったく同じ感じだ。正直に言って、僕はそれをビデオで見たんだ。そこに居られなくて、本当に残念だ」

「どこにいたとしても、とにかく勝ったんだ! 僕たちはこれから継続していかなければならない。来年、そしてこれから何年も、一生懸命取り組んでいかなくてはいけないんだ」

【関連ニュース】

逆転優勝のハートレー「優勝できたのはメカニックたちのおかげ」

2号車ポルシェ「リスクを犯し勝利を手に入れた」

【ル・マン24h詳報】過酷な決勝…トヨタは8号車だけ完走しクラス2位

豊田章男社長「思い切り走らせてあげられなかった」

トヨタ7号車の可夢偉「セーフティカー中、クラッチに異常を感じた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Le Mans
イベント名 ル・マン24時間レース
サーキット ル・マン
記事タイプ 速報ニュース