【ル・マン24h】ポルシェ、素早いピットの秘密はホイールナットにあり

ポルシェのレースエンジニア、カイル・ウィルソン-クラークはトヨタに対するピットワークでの優位性は、特殊なホイールナットが原因だと語った。

 ブレンドン・ハートレー、ティモ・ベルンハルト、アール・バンバーがドライブするポルシェ919ハイブリッドの2号車を担当するレースエンジニアのカイル・ウィルソン-クラークは、ライバルのトヨタよりピットストップが速いことが、今年のル・マン24時間でもアドバンテージになると語った。

 ポルシェの素早いピットワークの鍵は、”キャプティブ・ナット”にあるという。このナットは、タイヤ交換の際にホイール内に保持されるという特徴を持つ。これは、シルバーストンでポルシェが初めて世界耐久選手権(WEC)に持ち込んだ技術だ。

 そのシルバーストンでは、ポルシェはタイヤ交換でトヨタよりも1秒~1.5秒早かった。続くスパでは、タイヤ交換でのアドバンテージは0.6秒に減少したが、昨年のル・マン24時間レースでポルシェは30回ピットストップしており、そのアドバンテージは決して無視できないだろう。

「我々は今年、マシンにいくつかの改良を施しピットストップで小さな前進をした」とウィルソン-クラークは説明した。

「伝統的なホイールナットは、ホイールガンを外すとソケットに留まりガンと一緒に外れる。つまりタイヤを交換し、ガンをハブに戻しナットが外れるまで、ガンは事実上機能しない」

「キャプティブ・ナットはホイールに残るので、ガンをホイールから外してからも操作が自由に行える。小さいが、我々にとって大歓迎の武器だ」

「タイヤの交換にはアドバンテージがあるが、言うまでもなくコース上でもペースを発揮する必要がある。ピットでの作業だけに頼ることはできない」

 昨シーズンのポルシェは、燃料補給の点でもアドバンテージを持っていたが、ウィルソン-クラークは今シーズンはトヨタがその差を縮めてきたと考えている。

「過去我々は燃料補給の面でも優位性があり、ピットストップを最大限に活用できていた」

「今年は昨シーズンよりもかなり接近しているが、我々はまだピットストップに誇りを思っている」

【関連ニュース】

ル・マン24時間のエントリーは全60台。日本人は6人

ル・マン24h:トヨタ村田氏「"あの日"から364日間同じ想いのまま」

ル・マン24時間予選:小林可夢偉「予選結果は”おまけ”みたいなもの」

ル・マン24h:2番手の中嶋一貴「予想通りポルシェのタイムが近い」

トヨタに受け継がれるモータースポーツへの想い

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Le Mans
イベント名 ル・マン24時間レース
サーキット ル・マン
チーム ポルシェ・チーム
記事タイプ 速報ニュース
タグ kyle wilson-clarke