【ル・マン24時間】ジャンカルロ・フィジケラ、GTEクラスに参戦決定

元F1ドライバーであるジャンカルロ・フィジケラが、リジ・コンペティツィオーネのフェラーリ488でル・マン24時間レースに参戦する。

 元F1ドライバーのジャンカルロ・フィジケラが、今年のル・マン24時間レースのGTE Proクラスに参戦することが明らかになった。フィジケラは、現在IMSAでコンビを組んでいるトニ・ヴィランダーとともに、リジ・コンペティツィオーネのフェラーリ488をドライブする予定だ。

 F1引退後のフィジケラは、AFコルセのフェラーリで数多くの耐久レースに出場している。ル・マン24時間レースGTE Proクラスでは、2012年と2014年に優勝を果たした。フィジケラのル・マン参戦は、8回目のことになる。

 リジ・コンペティツィオーネの3人目のドライバーは未だ発表されていないが、昨年はマッテオ・マルセリがその役を務めていた。

 昨年、リジは5年ぶりにル・マン参戦に復帰し、チップ・ガナッシのフォードと激しい優勝争いをした。その結果、GTE Proクラスで優勝したのはフォードGTであり、リジは1分差で2位に終わった。

 またフェラーリは、WEC(世界耐久選手権)に参戦するAFコルセのドライバーラインアップを確定できていない。

 今月の初めには、ポルシェ移籍のためにチームを離脱するジャンマリア・ブルーニの後任候補であるふたりのドライバーのテストを行っている。

【関連ニュース】

【ル・マン24時間】2017年エントリーリスト一覧。合計60台

【ル・マン24時間】ウェーバー、2017年グランドマーシャルを担当

【F1】ル・マンと日程衝突回避のバクー「2年目は大成功を収められる」

【WEC, ル・マン】トヨタのカーナンバーは7&8。3台目は9号車に

【ル・マン24時間】フォード”希望通り”4台エントリーで連覇を狙う

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Le Mans
ドライバー Giancarlo Fisichella
チーム Risi Competizione
記事タイプ 速報ニュース