【ル・マン24h詳報】過酷な決勝…トヨタは8号車だけ完走しクラス2位

フランス・サルトサーキットで第85回ル・マン24時間レース決勝が行われ、ポルシェ919Hybridの2号車が逆転優勝を果たした。

 61718日、フランス・サルトサーキットで第85回ル・マン24時間レース決勝が行われ、ポルシェ919Hybridの2号車が逆転優勝を果たした。

 昨年のル・マンでの敗北から再スタートを切ったTOYOTA GAZOO Racing。その悔しさをバネに、十念な準備と最高の体制を敷いたと思われたトヨタ陣営だが、それでもル・マンの勝利の女神が微笑むことはなかった。しかし宿敵ポルシェも1台リタイアを喫しており、一筋縄では行かないレースとなった。

 開催地であるサルト・サーキットの上空には青空が広がり、終日快晴。定刻の現地時間61715時に、2017年ル・マン24時間レースがローリング方式でスタートした。

 ポールポジションを獲得したTS050 HYBRIDの7号車は、予選日さながらの好ペースを発揮し、時に姉妹車やポルシェ勢に30秒差つけるなどした。

 さらにレースのスタートから3時間半の時点で、ポルシェ2号車がフロントアクスル・ドライブにトラブルを抱え、ガレージでの作業に入ったため、トヨタ陣営には追い風が吹いた。

 気温の変化が訪れる夕刻まで、順調に周回を重ねていたトヨタ陣営だが、日没後、トヨタにとって悪夢のような時が訪れた。

 まずは日没直後に8号車トヨタがフロントのモーターのトラブルに見舞われたため、緊急ピットイン。フロント・モーターとバッテリーを丸ごと交換する大掛かりな作業を行うこととなった。

 さらに、7号車トヨタにも魔の手が忍び寄った。夜中の12時を回ったところでLM-GTE Proクラスの66号車フォードがクラッシュ。その後20分ほどセーフティカーが隊列を先導した。深夜1240分頃、レースが再開されたところで7号車トヨタがまさかの失速。原因はクラッチトラブルだった。その際ドライブを担当していた小林可夢偉は、エンジンを切ってEVパワーでピットを目指すものの、結局ピットにマシンを持ち帰ることができず、ポルシェカーブを過ぎた地点でマシンを停めることになった。

 優勝争いの最後の砦となったTS050 HYBRIDの9号車は、姉妹車たちのトラブルによって2番手に浮上するも、メインストレートからダンロップブリッヂに向かう上り坂でLMP2のマシンに追突されて左リヤタイヤがバーストしてしまう。ちぎれたゴムがサスペンション周辺の機器を壊してしまったため、マシンの後部から一時出火した。ドライバーのニコラ・ラピエールはエンジンを止め、EVパワーでピットに漕ぎつけようと試みるも、ピットレーン入り口の手前でパワーゼロとなり、そこでレースを諦めることとなった。

 その間、長時間にわたる作業を済ませたTS050 HYBRIDの8号車がレースに復帰したが、首位に1号車ポルシェ、さらにトラブルに対処し、先にレースに復帰した2号車ポルシェがはるか前方にいた。TS050 HYBRIDの8号車は、トップから28周遅れながら、かつての調子を取り戻し完走を目指した。

 トヨタにとって悪夢のような夜が明け、首位を走るのはライバルのいなくなった1号車ポルシェ。総合2番手のLMP2クラスのマシンに10周差をつけて、安全策での走行に徹底していた。しかし、今年のル・マン24時間レースは一筋縄ではいかなかった。

 レースの残り3時間50分のところで、1号車ポルシェがまさかのスローダウン。油圧が低下するトラブルに見舞われ、エンジンが停止した。トヨタ同様にEVパワーだけでピットを目指すも、ユノディエールで力尽き、そのままリタイアとなった。途端に2号車ポルシェが優勝候補車に浮上。2号車ポルシェは、首位を走るLMP2クラスの38号車ジャッキー・チェンDCレーシングを目掛けて猛追した。その結果、残り時間1時間というところで、38号車ジャッキー・チェンDCレーシングを捉えて、首位の座を奪った。

 結局、2号車ポルシェが途中トラブルに見舞われながらも、トップチェッカーを受ける大逆転劇を決めた。トヨタ陣営は唯一生き残った8号車トヨタが総合9位で完走した。

 LMP1クラスに参戦した計6台が全車マシントラブルに見舞われ、うち4台がリタイアという大波乱ぶりを見せたル・マン24時間レース。トヨタ陣営は、トラブルを乗り越えてフィニッシュラインを横切った8号車トヨタに拍手を送った。

 再び勝利を逃したトヨタ。未だ長い旅の途中にいる。

 なお、LMP2クラスは38号車ジャッキー・チェンDCレーシングが、LM-GTE Proクラスは97号車アストンマーチン、LM-GTE Amクラスは84号車JMWモータースポーツのフェラーリがそれぞれ優勝を果たした。

【関連ニュース】

デビットソン「調子はいい。それが続いて欲しかった」

トム・クリステンセン 「9号車の事故はラピエールの判断ミスが原因」

7号車はクラッチ、9号車は他車の追突が原因か!?

豊田章男社長「思い切り走らせてあげられなかった」

ル・マン24h速報:トヨタ”魔の夜”の餌食に/12時間経過

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Le Mans , WEC
イベント名 ル・マン24時間レース
サーキット ル・マン
記事タイプ レースレポート