【ル・マン24h速報】7号車トヨタ、盤石のペースで首位走行/4時間経過

ル・マン24時間レース決勝セッション開始から4時間後の段階で、トヨタTS050Hybridの7号車が首位を走行している。

 6月17日日本時間22時より、ル・マン24時間レース決勝がスタート。セッション開始から4時間後の段階で、トヨタTS050Hybridの7号車が首位を走行している。

 セッション開始から4時間経過しようかというところでLMP1クラスのマシンが5回目のピットストップを行なった。7号車トヨタの小林可夢偉はセッション開始から2時間経過後チームメイトのマイク・コンウェイからマシンを引き継いだ。

 小林は予選さながらの好ペースを発揮し、2番手の1号車ポルシェに約39秒差つけている状況だ。3番手以下は8号車トヨタ、9号車トヨタが続いている。

 また2号車ポルシェは3時間30分経過後に緊急ガレージイン。フロントアクスル・ドライブのトラブルを抱えた2号車ポルシェはガレージで修理を行なっている。詳細は不明だが、フロントアクスルのアッセンブリーを交換しているということは、モーターも交換されるとみられる。

 LMP2クラスは13号車、31号車とレベリオンが1-2。3番手は38号車ジャッキー・チェンDCレーシング。またLM-GTE Proクラスは66号車フォード、Amクラス84号車フェラーリがそれぞれ首位に立っている。

【関連ニュース】

ル・マン24時間レース、コメントライブ配信中

ル・マン24hスタート直前のブエミに訊いた「問題は気温だ」

トヨタ村田氏「"あの日"から364日間、同じ想いのまま」

ポルシェ、素早いピットの秘密はホイールナットにあり

予選PPの小林可夢偉「予選結果は”おまけ”みたいなもの」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Le Mans
イベント名 ル・マン24時間レース
サーキット ル・マン
記事タイプ 速報ニュース