【ル・マン24h】ディ・グラッシ、トヨタのオファーを受けていたと示唆

ディ・グラッシは、トヨタから3台目TS050ハイブリッドでル・マン24時間レース参戦のオファーを受けていた可能性を示唆した。

 昨年アウディが突如WEC(世界耐久選手権)から撤退したことによって、ルーカス・ディ・グラッシはWECのシートを失った。その後ディ・グラッシは、2017年ル・マン24時間レースにAFコルセの51号車フェラーリ488GTEでスポット参戦することが決定した。

 アウディがWECを撤退した後も、ディ・グラッシとアウディとのWECのドライバー契約は今季も継続されており、またWECとは別に、彼はフォーミュラEのアプト・シェフラー・アウディ・スポートとのドライバー契約を交わしている。

 ディ・グラッシは、トヨタから3台目TS050ハイブリッドでル・マン24時間レースに参戦するオファーを受けていたが、アウディからその許可が下りなかったため、諦めざるを得なかったことを示唆した。

「昨年はLMP1クラスで良い1年を過ごしていたことで、いくつかのLMP2チームやIMSAチーム、LMP1クラスのチームからアプローチを受けていた」とディ・グラッシは説明した。

「僕はLMP1クラスでル・マンに参戦する権利を得ることができなかった。でも、それ以外のクラスに参戦することは許された」

「アウディはドライバーとそのドライバーの動向をコントロールするのがとても上手いし、それに彼らはとてもフェアだ。僕はいくつかのオファーを貰っていたけど、彼らは”君はLMP1クラスでレースすることはできないよ”と率直に僕に伝えてきた」

 なお、ポルシェはディ・グラッシにアプローチをしていないという情報を、motorsport.comでは掴んでいる。つまりこれらの情報から判断するに、ディ・グラッシにオファーを出したLMP1チームは、トヨタである可能性が高いと想像することができる。

 ディ・グラッシは、すでにフェラーリ488GTEをテストしており、フェラーリと共に、GTEクラスのライバルであるフォードやコルベット、アストンマーチン、ポルシェらとの戦いを楽しみにしていると語った。

「フェラーリでドライブするということは、素晴らしい選択だったし、大きなチャンスでもあると思う」とディ・グラッシ。

「気がかりなのは、ライバルたちとのパフォーマンスのバランスだ。ACO(フランス西部自動車クラブ/ル・マン24時間レース運営組織)とFIAが解決策を得られると良いんだけど」

Additional reporting by Jamie Klein

【関連ニュース】

【WEC】トヨタが新型TS050を公開。ル・マン制覇を目指し”全面改良”

【WEC】TOYOTA Gazoo Racing参戦会見。ル・マン制覇へ決意

【WEC】WTCC絶対王者ロペス、WECに挑戦「新たな刺激が必要だった」

【フォーミュラE】メキシコ:優勝のディ・グラッシ「”もう終わりだ”と3度思った」

【ル・マン24h】参戦試みるディ・グラッシ。トヨタLMP1とも交渉

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Le Mans
イベント名 ル・マン24時間レース
サーキット Circuit de la Sarthe
ドライバー ルーカス ディ・グラッシ
チーム AFコルセ , Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース