【ル・マン24h】中嶋一貴「クルマは完璧。でも何かが不足している」

一時トラブルに見舞うも無事修繕し再スタートした8号車トヨタは、9番手までポジションを回復しチェッカーフラッグを受けた。

 過酷なル・マン24時間レースが終幕した。LMP1クラス全6車のうち、フィニッシュラインを横切れたのはポルシェとトヨタがそれぞれ1台、たったの計2台だった。

 LMP1クラス全車にトラブルが発生するという、大波乱のレースだったが、優勝したのは2号車ポルシェ。8号車トヨタは、完走したもののクラス2位/総合9位という結果に終わった。

 8号車トヨタは、17日・日没直後にフロントのモーターのトラブルに見舞われたため、緊急ピットイン。フロント・モーターとバッテリーを丸ごと交換する大掛かりな作業を行うこととなった。

 姉妹車たちがピットまで戻ることができずにリタイアする中、修繕し再スタートを切った8号車トヨタ。以降、残り12時間かけて9番手までポジションを回復しチェッカーフラッグを受けた。

 昨年ル・マン24時間レースでは、トップ走行中残り3分というところで信じられないような結末を迎えた中嶋一貴。今年はチェッカーフラッグを受ける8号車トヨタを拍手とともに出迎えた中嶋だったが、その心中にはいかなる想いがあったのだろうか。中嶋は、今年のル・マン24時間レースを次のように振り返った。

「チーム全体にとって、ここル・マンのレースはいつも厳しいレースになります。今年はちょっと言葉になりません」

「クルマは完璧、スピードもあった。でも、なにかが不足しているんです。全力で仕事をしてきて準備も万全。にもかかわらず何かが起こるんです」

「来年はより万全の準備をし、より力強く戦います」

【関連ニュース】

【ル・マン24h詳報】過酷な決勝…トヨタは8号車だけ完走しクラス2位

デビットソン「調子はいい。それが続いて欲しかった」

可夢偉「セーフティカー中、クラッチに異常を感じた」

ル・マン初挑戦の国本雄資「もっと走りたかった……」

豊田章男社長「思い切り走らせてあげられなかった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Le Mans
イベント名 ル・マン24時間レース
サーキット ル・マン
記事タイプ 速報ニュース