【ル・マン24h】予選1:トヨタ1-2! 可夢偉がトップタイム

世界耐久選手権第3戦ル・マン24時間レース予選1回目が行われ、トヨタTS050Hybridの7号車をドライブする小林可夢偉がトップタイムを記録した。

 6月15日、世界耐久選手権(WEC)第3戦ル・マン24時間レース予選1回目が行われ、トヨタTS050Hybridの7号車をドライブする小林可夢偉がトップタイムを記録した。

 予選セッションは、予選1回目の前に行われたフリー走行で起きたクラッシュによって破壊されたポルシェ・カーブのバリアを修復するため、定刻よりも20分遅れてスタートした。また予選は2時間で行われる予定であったが、その影響で1時間40分に短縮された。

 セッションスタート後、2号車ポルシェ919Hybridのティモ・ベルンハルトが3分19秒710を記録してトップとなった。しかし、その15分後にトラフィックの少ないタイミングで走行することができた7号車トヨタの小林可夢偉が、3分18秒793をマークし、トップタイムを塗り替えた。

 その後残り1時間20分間で、この小林のタイムが破られることはなかった。

 8号車トヨタの中嶋一貴は、3分19秒431をマークした。彼は小林の0.638秒差で2番手となり、予選1回目はトヨタが1-2を占めた。

 3番手はセッション開始時に記録された2号車ポルシェのベルンハルトのタイムで、4番手にはトヨタの3台目である9号車がつけた。9号車のアタックラップを担当したのはニコラ・ラピエールで、タイムは3分19秒958だった。5番手は1号車ポルシェで、トップの小林のタイムから約2秒差ついている。

 LMP1クラス唯一のプライベーターであるバイコレスは、トップから10秒差で6番手だ。

TDSとアストンマーチンがトップタイム

 LMP2クラスは、残り20分間までトップ争いが白熱したが、結局28号車のTDSレーシングが首位となった。

 2番手は31号車リベリオン、それに続いたのは25号車マノーTRSレーシングだった。

 GTE Proクラスは95号車アストンマーチン、2-3番手はフェラーリの71号車と51号車がつけた。

 GTE Amクラスも首位は98号車のマストンマーチン、2番手の77号車ポルシェを挟み、90号車アストンマーチンが3番手となった。

■第3戦ル・マン24時間レース予選1回目のリザルト

【関連ニュース】

【ル・マン24h】ポルシェ「トヨタのスピードはとても印象的だった」

【ル・マン24h】テストデーはトヨタ首位。小林「勝負はこれから」

トヨタが”ル・マン”に挑戦する理由

トヨタに受け継がれるモータースポーツへの想い

ル・マン24時間特別編成で9号車担当のロペス「状況を理解している」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Le Mans
イベント名 ル・マン24時間レース
サーキット ル・マン
ドライバー 小林 可夢偉
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 予選レポート