【ル・マン24h】2号車ポルシェ「リスクを犯し勝利を手に入れた」

全てのLMP1車両がトラブルに悩まされた今年のル・マン24時間レースで勝利したのは、2号車ポルシェ919Hybridだった。

【ル・マン24h】2号車ポルシェ「リスクを犯し勝利を手に入れた」
Earl Bamber, Porsche Team
#2 Porsche Team Porsche 919 Hybrid: Timo Bernhard, Earl Bamber, Brendon Hartley
#2 Porsche Team Porsche 919 Hybrid: Timo Bernhard, Earl Bamber, Brendon Hartley
#2 Porsche Team Porsche 919 Hybrid: Timo Bernhard, Earl Bamber, Brendon Hartley
#2 Porsche Team Porsche 919 Hybrid: Timo Bernhard, Earl Bamber, Brendon Hartley

 全てのLMP1車両がトラブルに悩まされた今年のル・マン24時間レースで勝利したのは、2号車ポルシェ919Hybridだった。

 ブレンドン・ハートレーとティモ・ベルンハルト、アール・バンバーらが乗る2号車ポルシェはレース序盤、フロントアクスル・モーターのトラブルを抱えた。その時の様子についてバンバーは次のように語った。

「今日のようなシチュエーションでポルシェが勝利できたというのは、ミラクルだ。でもそれも耐久レースならではだね」

「そのトラブルが発生した時、僕がドライブを担当していたのだけど、”バンッ”と異音が起こったんだ。ピットに戻って、チームがトラブルの原因を調査した。そして1時間以内に修繕を終えて、レースに復帰することができたんだ」

「最初の目標はトップ5だった。でも、それが表彰台となり、結局優勝となった」

「僕たちは勝利するまでその様子を見守った。僕たちが無事にゴールできる確証はなくて、最後のその時まで何か異変が起きるのではないかと思っていた。ピットは緊張で張り詰めていたし、誰もが常に全力だった」

「もはや、あのレースはスプリントレースだった。始めにトラブルを喫した僕たちには失うものなんてなかったから、とにかく全てにおいてリスクを犯した。そしてその報酬として勝利を手に入れた」

 またバンバーにとって、これが2度目のル・マン24時間レース勝利になる。またカート時代からの友人であるハートレーとともに勝利したことは、何よりも特別なものになったという。

「信じられないよ。幼少時代からの友人であるブレンドンと勝利できたんだ」

「僕たちは7歳の頃から知り合っていた。それに運転の仕方を教えてくれたのは彼だった!」

【関連ニュース】

【ル・マン24h詳報】過酷な決勝…トヨタは8号車だけ完走しクラス2位

中嶋一貴「クルマは完璧。でも何かが不足している」

デビットソン「調子はいい。それが続いて欲しかった」

可夢偉「セーフティカー中、クラッチに異常を感じた」

ル・マン初挑戦の国本雄資「もっと走りたかった……」

 

シェア
コメント
【ル・マン24h】初挑戦の国本雄資「もっと走りたかった……」

前の記事

【ル・マン24h】初挑戦の国本雄資「もっと走りたかった……」

次の記事

【ル・マン24h】ハートレー「優勝できたのはメカニックたちのおかげ」

【ル・マン24h】ハートレー「優勝できたのはメカニックたちのおかげ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans
イベント ル・マン24時間レース
ロケーション Circuit de la Sarthe
ドライバー アール バンバー
チーム ポルシェ・チーム
執筆者 Charles Bradley