予選2回目は、47号車の大クラッシュにより前倒しセッション終了

シェア
コメント
予選2回目は、47号車の大クラッシュにより前倒しセッション終了
執筆: 吉田知弘
2018/06/14 20:22

2018ルマン24時間の予選2回目は、47号車が大クラッシュを喫し、赤旗中断。セッションは早めに終了され予選3回目の開始時刻も変更された。

 大会2日目を迎えたル・マン24時間レースだが、現地時間の14日に行われた予選2回目はアクシデントが多発し2度の赤旗中断。47号車CETILAR VALLORBA CORSEの大クラッシュにより、前倒しでセッションが終了されることになった。

 前日からは一転し分厚い雲に包まれたサルトサーキット。当初の天気予報では雨になると予想されていたが、予選2回目開始時点ではまだ路面はドライコンディションだった。

 しかし、いざセッションが始まるとコースオフする車両が続出。開始10分も立たないところでLMP2クラスに参戦している35号車のSMPレーシングがポルシェカーブでコースオフ。クラッシュはなく自力で復帰を果たすが右フロントタイヤをパンクしたようでスロー走行の状態でピットに戻ってきた。

 その直後、ユノディエール手前のテルトルルージュでLM-GTE Proクラスの67号車フォードGTがコースオフ。リヤ側からタイヤバリアにクラッシュした。マシン後部にダメージを受けたが、幸い自走できる状態でスロー走行ながらピットを目指した。

 コース上に飛散した破片の回収等で開始16分のところで赤旗が出されセッションは中断されたが、マーシャルの迅速な作業により現地時間の19時30分にセッションが再開された。

 ただ、再開後もコースオフする車両が続出し、7号車TOYOTA TS050 HYBRID(マイク・コンウェイ)もダンロップシケインでコースオフするシーンが見られた。

 そして開始から1時間20分が経過したところでLMP2クラスの47号車CETILAR VALLORBA CORSEがユノディエールの第1シケイン付近で大クラッシュ。マシンが大破してしまう。幸いドライバーは自力で脱出し無事だったが、このセッション2回目の赤旗が出され再び中断となった。

 どうやらクラッシュによりガードレールが損傷しているとのことで、その修復のため予選2回目はこの赤旗をもって終了することに。急きょ予選3回目の開始時間が30分早められ2時間30分のセッションとして行われることがアナウンスされた。

 予選総合トップは8号車TOYOTA TS050 HYBRIDのままだが、予選3回目を前にして荒れ模様の展開となっている。

【リザルト】ル・マン24時間レース:予選2回目タイム結果

【ル・マン24hをとことん楽しむならJ SPORTSオンデマンド!】
スタートからゴールまでは勿論のこと、公式練習、予選、ウォームアップ走行まで全てLIVE配信!
次の記事
デビッドソン、トヨタの執念に驚嘆「宇宙飛行に臨む”NASA”レベル」

前の記事

デビッドソン、トヨタの執念に驚嘆「宇宙飛行に臨む”NASA”レベル」

次の記事

アロンソ、会心アタックの中嶋一貴を賞賛「素晴らしい仕事をした」

アロンソ、会心アタックの中嶋一貴を賞賛「素晴らしい仕事をした」
Load comments

この記事について

シリーズ Le Mans
イベント ル・マン24時間レース
ロケーション Circuit de la Sarthe
執筆者 吉田知弘