【ル・マン24時間】6時間経過レポート:雨で波乱の展開。トヨタ8号車が首位に

シェア
コメント
【ル・マン24時間】6時間経過レポート:雨で波乱の展開。トヨタ8号車が首位に
執筆:
2019/06/15 19:20

第87回ル・マン24時間はレース開始から6時間が経過し、トヨタ8号車が首位に立っている。

 FIA世界耐久選手権(WEC)最終戦、第87回ル・マン24時間レースは6時間が経過。トヨタTS050 HYBRIDの8号車が、僚友7号車をわずかにリードしている。

 サルト・サーキット上空を雲が覆う気温18度、路面温度22度というコンディションで、スタート時刻の15時(現地時間)を迎えた。

 スタートでは、LMP1クラスのプライベーター勢が優れた蹴り出しを見せトヨタの2台に迫ったものの、ポールポジションのトヨタ7号車がトップをキープ。トヨタ8号車が2番手、レベリオン3号車、SMPレーシング11号車が後に続く形となった。

 序盤は大きな混乱もなく、マイク・コンウェイがスタートを担当した7号車が3分17秒297を記録するなど序盤からハイペースで飛ばし、セバスチャン・ブエミの8号車との差を広げていった。

 レース開始から20分のところでは軽い雨が落ち始めているという報告もあったが、幸いコンディションは悪化せず、徐々に雲が晴れて太陽が顔を出していった。

 レベリオン1号車がスローパンクチャーに見舞われ、スローダウンする場面もあったが、タイヤを換えると速さを取り戻した。しかし1号車はレース開始から2時間15分のところでスピンし、短時間ながらマシンをガレージにいれるなど慌ただしいレース序盤となり、LMP1クラス上位勢から3周遅れとなってしまった。

 LMP1クラスは3番手を争うレベリオン3号車とSMPレーシング11号車が接戦。レース開始から4時間30分を過ぎるとトヨタ7号車に周回遅れにされるも、ストフェル・バンドーンの好走で11号車が3号車にプレッシャーをかけていった。一方のレベリオン3号車はピット作業が11号車よりも1回多く、作業時間が長くかかったタイミングもあり、11号車が3番手に浮上した。

 デブリによるフルコースイエロー(FCY)やイエローフラッグなどは数度あったものの、大きなクラッシュは起きていなかったが、レース開始から5時間を迎えたタイミングで、RLRモータースポーツ43号車がテルトル・ルージュでクラッシュ。これでセーフティカー(SC)が導入されることになった。

 この間に、トヨタの2台はピットイン。これがトヨタ8号車に不利に働いてしまい、2台のギャップが40秒から1分7秒ほどまで広がった。

 さらには、5時間30分が経過したところでコースに雨雲が接近。急速にコンディションが悪化していった。その影響もあってか、レースは一気に荒れ模様に。ポルシェカーブでコルベット64号車がデンプシー・プロトン88号車と接触し、大クラッシュ。再びのSC導入となった。

 この影響でトヨタの2台が同じ隊列に連なることになり、今度はその差が一気に縮まり、10秒ほどとなった。また、SMPレーシング11号車とレベリオン3号車も接近。3号車がオーバーテイクに成功し、3番手に浮上した。

 しかしその後、ユノディエールの第2シケインで3号車がスピンし、大クラッシュを喫してしまった。この影響で再びSCが出動するが、その前後にピットインしていたトヨタの2台がここで逆転。8号車がこのレースで初めてトップに立ち、レース再開を待っている状態だ。

 LMP2クラスは、シグナテック・アルピーヌ36号車とGドライブ26号車が一進一退の攻防を展開。6時間が経過した時点では、36号車が首位に立っている。

 LMGTE Proクラスは全車が同一ラップでレースを進めており、トップ争いも大激戦。フェラーリ、ポルシェ、コルベットが激しくポジションを入れ替えた。レース開始から6時間が経過した時点では、フェラーリ51号車がポルシェ92号車を抑えて首位となっている。

 LMGTE Amクラスは、キーティング・モータースポーツ85号車のフォードGTが速さを見せトップ。CARGUYレーシング57号車は木村武史、ケイ・コッツォリーノがトラブルなく周回を重ねクラス9番手につけている。

 石川資章率いるMRレーシング70号車は、デブリを踏んでしまったか、タイヤがパンクする場面もありクラス14番手。デンプシー・プロトン88号車は星野敏がドライブしている際にスピンした他、前述の接触を含めて2回ガレージに入っていることもあり、クラス15番手となっている。

次の記事
3分ストップペナルティ”執行猶予”のコンウェイ。決勝は「もっと慎重に」

前の記事

3分ストップペナルティ”執行猶予”のコンウェイ。決勝は「もっと慎重に」

次の記事

【ル・マン24時間】12時間経過レポート:トヨタ勢のワンツー変わらず。現在の首位は7号車

【ル・マン24時間】12時間経過レポート:トヨタ勢のワンツー変わらず。現在の首位は7号車
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans , WEC
イベント 第8戦ル・マン24時間レース
サブイベント Race
チーム Toyota Gazoo Racing
執筆者 松本 和己
まずは最新ニュースを読む