ル・マン24時間 24 Hours of Le Mans

ル・マン24時間レース決勝速報|フェラーリ、逃げ切り2連覇達成! トヨタとの近年稀に見る大接戦を制す

2024年のル・マン24時間レースではフェラーリAFコルセの50号499Pが総合優勝を果たした。

#50 Ferrari AF Corse Ferrari 499P: Antonio Fuoco, Miguel Molina, Nicklas Nielsen

#50 Ferrari AF Corse Ferrari 499P: Antonio Fuoco, Miguel Molina, Nicklas Nielsen

写真:: Rainier Ehrhardt

 2024年の第92回ル・マン24時間レースの決勝が6月15日(土)から6月16日(日)にかけて行なわれた。総合優勝を果たしたのは、ハイパーカークラスのフェラーリAFコルセの50号車499Pだった。2位はTOYOTA GAZOO Racingの7号車GR010ハイブリッド。終盤追いすがるも14.221秒勝利に届かなかった。

 3位には50号車フェラーリの僚機51号車が入った。8号車トヨタは5位だった。ハイパーカークラスでは近年稀に見る大接戦が繰り広げられた。

 LMP2クラスでは22号車ユナイテッド・オートスポーツが優勝。宮田莉朋が乗る37号車クール・レーシングは表彰台圏内走行も終盤のトラブルもあり、クラス12位だった。

 LMGT3クラスでは91号車マンタイ・エマのポルシェ911 R LMGT3が優勝。星野敏が乗る777号車D’station Racingのアストンマーティン・ヴァンテージGT3 Evoはクラス9位、木村武史が乗る87号車Akkodis ASPチームのレクサスLC F GT3はクラス10位、小泉洋史が乗る82号車TFスポーツのシボレー・コルベットZ06 GT3.Rはクラス11位と、日本人ドライバーの乗るチームが並んだ。

 なお、佐藤万璃音と濱口弘が乗る95号車ユナイテッド・オートスポーツのマクラーレン720S GT3 Evoはリタイアとなった。

 

前の記事 まさか!? 4時間セーフティカー&またSCでレースは振り出しに……2号車キャデラックが暫定トップ|ル・マン24時間:18時間経過
次の記事 雨に翻弄された101年目のル・マン。燃料ギリギリ! 50号車フェラーリが優勝。トヨタ7号車は最後尾から追い上げも届かず2位|ル・マン24時間:フィニッシュ

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本