ル・マン24時間 24 Hours of Le Mans

バレンティーノ・ロッシ、初のル・マン24時間レースは僚友クラッシュでリタイア「レースリードは楽しかった」

MotoGPレジェンドのバレンティーノ・ロッシはル・マン24時間レースに今年初参戦した。順調な経過を見せつつも、チームメイトのクラッシュによりリタイアとなってしまったことをロッシは残念だと語った。

#46 Team WRT BMW M4 LMGT3: Ahmad Al Harthy, Valentino Rossi, Maxime Martin

#46 Team WRT BMW M4 LMGT3: Ahmad Al Harthy, Valentino Rossi, Maxime Martin

写真:: Shameem Fahath

 2024年のル・マン24時間レースで初参戦を果たしたMotoGPレジェンドとして有名なバレンティーノ・ロッシ(BMW MチームWRT)。今回はリタイアに終わってしまったため、彼は残念だと語った。

 ロードレース世界選手権MotoGPで9度世界チャンピオンに輝き、数々の実績を打ち立ててきたロッシ。彼はMotoGPを引退した後は四輪レーサーへと転向し、2024年にはついにル・マン24時間レースに挑戦することになった。

 ロッシはLMGT3クラスにBMW M4で参戦。マキシム・マーティンとアーマド・アル・ハーシーをチームメイトにお馴染みの46番のカーナンバーでの挑戦だった。

 マーティンの手で良いスタートを切った46号車は、ロッシとハーシーも順調にドライブして4時間目にはクラストップに立っていた。以降も上位争い加わり、ロッシにとって初のル・マンは順調に推移していた。

 しかしレース開始から7時間、悲劇が起きた。ここでもクラストップを走っていた46号車だったが、ステアリングを握っていたアル・ハーシーがクラッシュ。雨で路面コンディションが不安定な中でコントロールを乱しフロント部分からバリアに激しく衝突したことで、46号車はリタイアとなった。

 

 ロッシはレース後、ル・マンをリードできたことを楽しみつつも、リタイアに終わったことは残念だとコメントを寄せた。

「レース前半、僕らはとても競争力があって、良好な戦略と一貫したペースのおかげもあって大きくポジションを回復させることができた」

「2~3時間にわたってレースをリードして1番手にいられたのはとても楽しかったよ」

「残念だけど、コンディションが悪化して、スリックタイヤを履いていたアーマドはミスをしてしまって、僕たちはリタイアしなくてはならなかった。とても残念だ」

 

前の記事 キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」
次の記事 ポルシェ、トップスピード不足がル・マンの敗因に?「その原因がどこにあるかは分からない」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本