ル・マン24h、スタート地点を第1コーナーに向け145m先に変更

シェア
コメント
ル・マン24h、スタート地点を第1コーナーに向け145m先に変更
Basile Davoine
執筆: Basile Davoine
協力: Gary Watkins
2018/02/23 9:22

ACOは、ル・マン24時間のスタートラインを既存の地点から第1コーナーに向け145m先に変更することを発表した。

#39 Graff Racing Oreca 07 Gibson: Enzo Guibbert, Eric Trouillet, James Winslow
Chase Carey, FOM CEO waves the French flag to give the start of the race
Start: #7 Toyota Gazoo Racing Toyota TS050 Hybrid: Mike Conway, Kamui Kobayashi, Stéphane Sarrazin leads
Porsche curves changes
Porsche curves changes
Porsche curves changes

 ACO(フランス西部自動車クラブ/ル・マン24時間レース運営組織)は、ル・マン24時間のスタートラインを既存の地点から第1コーナーに向け145m先に変更することを発表した。

 ACOはこの変更により「競技者が一挙にストレート上に並ぶことが可能となり、後方車のスタートグリッドが最終コーナーであるフォードシケインに設定されないようにすることができる」と述べている。

 スタート地点の移動は、MotoGPフランスGPが開催されるブガッティ・サーキット(サルト・サーキットの一部を使用)にも適用されるという。

 しかし、フィニッシュラインやタイミングラインは変更されないため、走行距離に関しては毎度計算し直さなければならない(ラップ数にトラックの全長をかけた後、145mを引く)。

 サルト・サーキットは今シーズンに向けてトラックの再測定が行われ、以前公表されていたトラックの全長よりも3m短くなったという。

ポルシェカーブを修正

 ル・マン24時間レースの名物のひとつとなっているポルシェカーブも安全性を向上するための作業が完了した。

 最新の仕様ではポルシェカーブ出口のイン側(右手側)に設置されていたウォールを下げ、そこへ新たなアスファルトのランオフエリアが作られた。さらに昨年のル・マン24時間レースで設置されていた、ポルシェカーブのアウト側にあるバリアも位置が下げられている。これらの作業はACOが推進する長期的な安全性向上プログラムの一環として行われている。

 ACOのスポーツディレクターであるヴィンセント・ボーメスニルは、次のように語った。

「過去数年間、我々がポルシェカーブの安全性を向上させてきたことにより、事故件数が大幅に減少した」

「今回大きなランオフエリアをイン側に設置した。例えそれが大きなコストになろうとも、非常に賢明であると言える設計だと思う」

 アンドレア・ロッテラーは昨年、サーキットの仕様が変わったことに対し"スリルがなくなった"とコメントしていた。

 今回ACOはポルシェカーブの後のふたつの左コーナーの入り口部分のアウト側に、変形が可能なセーフティバリアを設置したという。これによりシケインを追加するなどしてセクションにバリエーションを増やすことができそうだ。

 これに対しボーメスニルは、ACO内部で「ル・マン24時間のレースルートを変更させたくない」という思いがあったことを明らかにしている。

次の Le Mans ニュース

この記事について

シリーズ Le Mans
イベント ル・マン24時間レース
ロケーション Circuit de la Sarthe
執筆者 Basile Davoine
記事タイプ 速報ニュース