ジャッキー・イクスがル・マンのグランド・マーシャルに決定

シェア
コメント
ジャッキー・イクスがル・マンのグランド・マーシャルに決定
2018/05/13 7:22

通算6回のル・マン24時間優勝を誇るジャッキー・イクスが、今年のル・マンでグランドマーシャルを務めることが決まった。

 6月16〜17日に行われる第86回ル・マン24時間レースのグランド・マーシャルを、ジャッキー・イクスが務めることになった。

 今年のグランドマーシャルに選ばれたのは、ル・マンで最も知名度の高い人物だ。1969年、75年、76年、77年、81年、82年と6度の優勝を飾っているジャッキー・イクス。彼のキャリアはまるでル・マンの歴史そのものと言っていいだろう。彼の業績を凌ぐのは、9勝を数えるトム・クリステンセン1人だけだ。

 イクスはF1、スポーツカーレース、ラリーとあらゆるカテゴリーで好成績を収めたドライバー。ル・マンの行われる16日・土曜日にはフォーメーション・ラップで60台のクルマをリードして走る。

ACOピエール・フィオン会長
「ジャッキー・イクスは素晴らしいドライバーであるだけでなく、素晴らしい人間であることは誰もが承知している。2018年のル・マン24時間レースでは素晴らしいグランド・マーシャルとしての役割を果たしてくれるだろう。彼は60台のクルマをリードする。レースは素晴らしいものになるに違いない。彼がグランド・マーシャルの任務を引き受けてくれたことを我々は誇りに思っている。彼は耐久レースの父親のような存在だ」

ジャッキー・イクス
「ル・マンに参加出来ることを誇りに思っている。ル・マンは常に私に優しく、ドライバーとして多くの時間を過ごしてきた。レース・ディレクターとしても、スターターとしても参加した。今年はグランド・マーシャルだ。レースはドライバーとしても1人の人間としても常に特別だ。レースは共有、勇気、集中、友情、楽しみといったドライビングの基本要素を教えてくれる。激しさもある。ドライビングシートに座れば、自分が見える」

次の記事
アロンソ、ポルシェでのル・マン参戦が幻に終わり”ずっと後悔していた”

前の記事

アロンソ、ポルシェでのル・マン参戦が幻に終わり”ずっと後悔していた”

次の記事

テニス界の英雄ナダル、今年のル・マン24時間レースでスターターを担当

テニス界の英雄ナダル、今年のル・マン24時間レースでスターターを担当
Load comments

この記事について

シリーズ Le Mans
ドライバー Jacky Ickx