ポルシェGTE、今年のル・マン24時間でレトロカラーリングを復刻

シェア
コメント
ポルシェGTE、今年のル・マン24時間でレトロカラーリングを復刻
執筆: Gary Watkins
2018/06/02 9:10

ポルシェは、今年のル・マン24時間レースのLM-GTE Proクラスを戦う2台のマシンに、レトロカラーリングを施すことを発表した。

Willi Kauhsen, Reinhold Joest, Porsche 917/20 'Pink Pig'
Hans-Joachim Stuck, Derek Bell, Al Holbert, Porsche 962C
Willy Kauhsen, Reinhold Joest, Porsche 917/20 'Pink Pig'
#91 Porsche GT Team Porsche 911 RSR
#92 Porsche GT Team Porsche 911 RSR
#91 Porsche GT Team Porsche 911 RSR with special livery
#92 Porsche GT Team Porsche 911 RSR and #91 Porsche GT Team Porsche 911 RSR with special liveries
#92 Porsche GT Team Porsche 911 RSR and #91 Porsche GT Team Porsche 911 RSR with special liveries

 今年、「356 ロードスター」誕生から70周年を迎えるポルシェは、ル・マン24時間レースのLM-GTE Proクラスに参戦する2台のマシンに、レトロカラーリングを施して戦うことを発表した。

 世界耐久選手権(WEC)を戦うレギュラーマシンのうち1台、91号車(ジャンマリア・ブルーニ/リヒャルド・リエツ/フレデリック・マコヴィッキ)は、1982年から1987年にル・マン24時間レースに参戦したロスマンズ・ポルシェ956と962Cと同じ、ロスマンズカラーとなる。

 もう1台の92号車(マイケル・クリステンセン/ケビン・エストレ/ローレンス・バンスール)は、1971年のル・マンに参戦したワイドボディーのポルシェ917/20に施された、特徴的な”ピンク・ピッグ”カラーが復刻される。

 ポルシェは、計4台の911 RSRをル・マンのLM-GTE Proクラスにエントリーしているが、特別カラーリングではない2台については、これまでWECで使用している通常のカラーリングになるという。

 ポルシェのGTプログラムの責任者であるフランク・ステファン・ワライザーは、次のように語っている。

「多くの人々に愛されるカラーリングで、我々のことを毎回、特にル・マンでは厚く応援してくれているサポーターたちに感謝を示したい」

 さらには、ガレージ内部にも工夫がなされており、1956年から1990年までの間に使われていた古いピットを模した、レンガの壁紙が貼られている。

 ロスマンズカラーのポルシェは1982年、83年、86年、87年のル・マンを制覇。ピンク・ピッグカラーのポルシェは、1971年の一度限りの参戦でリタイアに終わっているが、個性的な見た目から人気が高い。

次の記事
開催迫るル・マン24時間、中嶋一貴「難しさは僕が1番分かっている」

前の記事

開催迫るル・マン24時間、中嶋一貴「難しさは僕が1番分かっている」

次の記事

アロンソ、ル・マン挑戦に向け16時間のオンボード映像を視聴。準備万端

アロンソ、ル・マン挑戦に向け16時間のオンボード映像を視聴。準備万端
Load comments

この記事について

シリーズ Le Mans
執筆者 Gary Watkins