F1
25 9月
FP3 まで
12 時間
:
41
:
11
MotoGP
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
7 days
スーパーフォーミュラ
26 9月
次のセッションまで……
03 時間
:
41
:
11

CAR GUY RACING、新型コロナの渡航制限の関係で関口雄飛のル・マン24時間起用を断念

シェア
コメント
CAR GUY RACING、新型コロナの渡航制限の関係で関口雄飛のル・マン24時間起用を断念
執筆:

ル・マン24時間レースに参戦予定のCarguy Racingが第3ドライバーの変更を発表。関口雄飛の起用を断念することを明らかにした。

 9月19日~20日に決勝レースが行なわれる2020ル・マン24時間レースに参戦を表明しているCAR GUY RACINGは第3ドライバーを当初予定していた関口雄飛からヴァンサン・アブリルに変更することを発表した。

 当初はチームオーナーである木村武史、ケイ・コッツォリーノに加えて関口が加入する形で準備を進めていたCAR GUY RACINGだが、新型コロナウイルスの影響に伴う渡航制限の関係で、関口のスケジュールの調整がつかず、彼の起用を断念することにしたという。

 今季はスーパーGT、スーパーフォーミュラにフル参戦中の関口はル・マン24時間が終わった翌週の9月26日~27日にスーパーフォーミュラ第2戦岡山、さらに次の週の10月3日~4日にはスーパーGT第5戦富士を控えている。いずれも帰国後に要請される14日間の自主隔離期間に入ってしまうため、両カテゴリーへの参戦に影響が出る可能性も少なからずある。そういった点も考慮して今回の決定に至ったようだ。

 チームの公式Facebookで「新型コロナウイルス感染拡大の影響にともなう渡航制限があり、関口選手の参戦スケジュールの調整がつかず、断腸の思いながら関口選手の起用を断念せざるを得ませんでした」とコメントした。

 CARGUY RACINGは“オールジャパン”をコンセプトに関口に代わる日本人ドライバーの起用を目指してきたが、それも実現しなかったとのこと。最終的にモナコ出身のヴァンサン・アブリルを起用することを明らかにした。

 これによりCAR GUY RACINGは木村、コッツォリーノ、アブリルの3人体制でGTE-Amクラスにエントリーすることとなる。

Read Also:

関口雄飛、CARGUYからル・マン24時間参戦へ。最新エントリーリスト発表

前の記事

関口雄飛、CARGUYからル・マン24時間参戦へ。最新エントリーリスト発表

次の記事

トヨタTS050、ル・マン24時間は昨年比7kg増。プライベーターとの差も縮まる方向へ

トヨタTS050、ル・マン24時間は昨年比7kg増。プライベーターとの差も縮まる方向へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans
執筆者 吉田知弘