ル・マン24時間 24 Hours of Le Mans

ル・マンデビュー果たしたドルゴビッチ。F1目指す若者の未来はどこにある……?「この経験がいくつかのドアを開くかもしれない」

キャデラックからル・マン24時間に出場したフェリペ・ドルゴビッチは、F1のチャンスに恵まれない中で、自身の将来について熟考している。

#311 Whelen Cadillac Racing Cadillac V-Series.R: Felipe Drugovich

#311 Whelen Cadillac Racing Cadillac V-Series.R: Felipe Drugovich

写真:: Andreas Beil

 アストンマーティンF1のリザーブドライバーであるフェリペ・ドルゴビッチ。彼は2024年のル・マン24時間レースにキャデラックから出場したが、この経験が自身の将来に関して「いくつかの扉を開く」ことを期待している。

 ドルゴビッチは今回、IMSAに参戦するアクション・エクスプレス・レーシングが走らせるキャデラック Vシリーズ.Rのステアリングを握った。チームメイトはピポ・デラーニとジャック・エイトケン。ドルゴビッチにとっては初のル・マン24時間となった。

 ただ311号車のキャデラックは終盤にインディアナポリスでデラーニがクラッシュしたことも痛手となり、クラス15位でのフィニッシュに終わった。

 レースを終えたドルゴビッチにmotorsport.comは、将来フォーミュラカーかプロトタイプカー、どちらの道に進もうと考えているかと尋ねた。すると彼はこう答えた。

「まだ分からない」

「確かに(ル・マンは)とても楽しかった。クールな世界で、楽しむことができた」

「また、このレースがいくつかのドアを開いてくれるかもしれない。今後どうなるかが気になるところだ。今言えるのは、このチャンスをもらえたことにとても喜んでいるということだね」

 2022年にFIA F2でチャンピオンとなり、2023年はF1リザーブ業に専念していたドルゴビッチ。今年はレースに復帰しており、ベクター・スポーツからヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)のLMP2クラスに参戦している。

 キャデラックブランドを展開するゼネラルモーターズ(GM)は、WEC(世界耐久選手権)、IMSA共にキャデラック・レーシングとしてふたりのドライバーのみと年間契約を結んでいる(WECはアール・バンバーとアレックス・リン、IMSAはセバスチャン・ブルデーとレンガー・ヴァン・デル・ザンデ)。そして特に距離の長いレースでは都度追加のドライバーをエントリーしているが、現状はドルゴビッチが今後WECやIMSAに出走する予定はない。

 ただドルゴビッチは、近い将来もっと多くの耐久レースに参戦することを熱望しているとのこと。「こういった24時間レースは僕にとって常に夢のようなものだったから(参戦できて)本当に嬉しいよ」と語る。

 また、アストンマーティンF1はフェルナンド・アロンソの残留が決まっており、チームオーナーの息子であるランス・ストロールの残留も確定的。ドルゴビッチはF1シートを得るチャンスに恵まれていない状況だが、F1の夢は見失っていないという。

 先日はベルリンでフォーミュラEのテストにも参加したドルゴビッチ。昨年はレースから遠ざかっていたが、また再び意欲が湧いてきたと語った。

「今年レースに復帰することができてとても嬉しい。ELMS、特にル・マンは特に感動的なものだった」

「キャデラックから大きなチャンスを与えてもらった。メーカーがルーキードライバーをハイパーカーに乗せるなんて、そうそうあることじゃない。だから彼らにとても感謝している」

 

前の記事 LMDhマシンはLMHに勝てない? ル・マン24時間終えたキャデラック勢から「対抗するのは難しい」との声
次の記事 マクラーレン、LMDhマシンでのル・マン参戦計画が現実的に。規則延長で“余裕”生まれる「あとはタイミング次第」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本