F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
22 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
38 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
52 days

レベリオン、WECスパとル・マンは2台体制。デュマとデレトラを起用

シェア
コメント
レベリオン、WECスパとル・マンは2台体制。デュマとデレトラを起用
執筆:
2020/02/05 11:21

WECに参戦しているレベリオンは、スパとル・マン24時間レースに2台体制で臨むと発表した。

 世界耐久選手権(WEC)に参戦しているレベリオン・レーシングは、WEC第7戦スパ6時間レースおよび、最終戦ル・マン24時間レースに2台体制で臨むと発表した。

 レベリオンは昨年9月に行なわれた開幕戦シルバーストンで、レギュラー参戦している1号車(ブルーノ・セナ/グスタボ・メネゼス/ノーマン・ナトー組)に加え、3号車(ナタナエル・バートン/ピポ・デラーニ/ロイック・デュバル組)を走らせていた。

 しかし今回発表された2台目のドライバーラインアップのうち、続投はバートンのみ。新たにル・マン24時間を2度制した経験を持つロマン・デュマ、FIA F2に参戦しているルイ・デレトラが起用された。

「スパとル・マンで、レベリオンの一員になれることを非常に嬉しく思う」と、デュマは語った。

「数カ月前、アレクサンドル・ペシ(レベリオンのチームオーナー)が、このチャンスについて話してくれた時、僕は少しもためらわなかった」

 ポルシェと共に2016年のWEC王者に輝いたデュマだが、その後シートを喪失。そのため、LMP1マシンをドライブするのは2016年以来のこととなる。

 2020年、F2参戦5年目(GP2時代含む)を迎えるデレトラは、バーレーンで行なわれたルーキーテストでレベリオンのマシンをドライブ済み。彼は、父親のジャン-ドニ・デレトラが9度出場したル・マンを戦うという夢が叶うと話した。

「父のレースを見に、何度もル・マンに行ったことがある。そこでレースをすることは、常にひとつの目標だった」

「率直に言って今年実現できるとは思っていなかったけど、レベリオンはそうするのに最適だし、自分自身をアピールするのにベストなチームだ」

 デレトラは、ハースF1チームのシミュレータードライバーを務めている。彼は今もF1参戦が第一目標であり、スポーツカーレースへの転向を”Bプラン”とはみなしていないと強調した。

Read Also:

次の記事
マツダ、待望のル・マン復帰が現実味? LMDhクラス導入は”絶好の機会”となるか

前の記事

マツダ、待望のル・マン復帰が現実味? LMDhクラス導入は”絶好の機会”となるか

次の記事

【フォトギャラリー】1966年ル・マン24時間レース

【フォトギャラリー】1966年ル・マン24時間レース
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans , WEC
ドライバー ルイ デレトラ , ロマン デュマ
チーム Rebellion Racing
執筆者 Gary Watkins