ル・マン24時間 24 Hours of Le Mans

いつかはル・マン。ピエール・ガスリー、青春過ごした地での24時間レース参戦に興味「良いマシンで戦いたい」

アルピーヌのピエール・ガスリーは、同陣営のル・マン挑戦を応援すべくサルト・サーキットを訪れ、将来的にドライバーとして参戦することに興味を示した。

Pierre Gasly, Alpine

Pierre Gasly, Alpine

写真:: Alpine

 先日フランスのサルト・サーキットで開催された第92回ル・マン24時間レース。決勝には、ハイパーカークラスにA424LMDhで参戦するアルピーヌの応援団として、同陣営からF1に参戦するフランス人ドライバーのピエール・ガスリーが訪問した。

 ガスリーは、レーシングスーツではなくカジュアルな格好でサーキットにいるのは「しっくりこない」と明かし、将来的なル・マン参戦にも野心を示した。

 フランス出身のガスリーは、10代の大半をル・マンで過ごし、FFSA(フランスモータースポーツ連盟)の若手ドライバープログラムに参加。学業もル・マンで終えた。

 2024年のル・マン24時間レースを観戦するためサルト・サーキットに戻ってきたガスリーは、レースを外から傍観することに何か違和感を覚えたという。

 そしてル・マンのスターティンググリッドでEurosportのインタビューに応じたガスリーは、将来的には競争力のあるマシンと共にル・マンの総合優勝を目指して戦いたいと口にした。

「子どもの頃からの夢だと思う」とガスリーは語った。

「(地面を指さして)この背丈の頃から、このレースを観ていたんだ」

「僕はル・マンに5年間住んでいたし、ここで勉強もしていた。この街とサーキットにはとても親近感があるんだ」

Photo by: Alpine

「いつの日か、ル・マンで優勝することは夢だ。いずれ分かるよ。今のところ僕はF1に集中していて、そのこと(ル・マン)はあまり考えていない」

「でも今日、参戦している彼らを見ると、普通のスニーカーにデニムを履いているのはしっくりこない。だから、いつか良いマシンに乗ってル・マンに参戦できることを願っている」

 ル・マンに参戦したいと公言するF1ドライバーはガスリーが初めてではない。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは複数チームから接触を受けたと明かし、フェラーリのシャルル・ルクレールも昨年フェラーリがル・マンを制したのを見て、いつかLMHでル・マンへ参戦したいと語っていた。

 しかし近い将来、現役F1ドライバーがル・マンに参戦することは難しい。実際、来年の第93回ル・マン24時間レースはF1カナダGPと同じ週末に開催される。

 ル・マンは過酷なスケジュールと変わりやすい天候が相まって、モータースポーツカテゴリーの中でも最もハードなレースのひとつと呼ばれ、ガスリーはル・マンに参戦するドライバーを「尊敬している」と語った。

「魅力的だ」とガスリーは言う。

「ル・マンの話はしていたし、実際ここでレースをしている友人も沢山いる。グリッドに立って、レースで戦った仲間たちと再開できるんだから、なおさらクールだね」

「午前4時に1時間の睡眠で走る……絶対小雨が降ってくるし、状況はかなりエクストリームだ」

「(ル・マン参戦ドライバーに)敬意を払わなければならないと思う。レーシングドライバーとして、それがどれだけ大変なことなのかを本当に理解しているし、大変なことだから、TVで観ている人たちにも同じように理解してもらいたい」

「1時間半集中するのも大きなチャレンジだけど、24時間フルで集中して、マシンを共有するのは……彼らは存在自体が1番の説明になるけど、僕は彼らを尊敬している」

 なおアルピーヌは今季の世界耐久選手権(WEC)シーズン序盤から、有望なペースを示していたものの、ル・マンでは最初の6時間で投入した2台両方にエンジントラブルが発生。ダブルリタイアとなった。

 

前の記事 F1ドライバーでも、ル・マン挑戦は一筋縄ではいかない? オジェ、挑戦を大歓迎も「簡単じゃないぞ!」
次の記事 プッシュさせるか、2番手キープか……トヨタ内でも意見が分かれたル・マン24時間最終盤。小林可夢偉代表が振り返る「壮絶でした」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本