2024年にル・マン24時間レース参戦の燃料電池レースカー、パワートレインをGreenGTが供給へ

2024年のル・マン24時間レースで導入される予定の水素燃料電池プロトタイプカーのパワートレインを、GreenGTが製造・供給することが発表された。

2024年にル・マン24時間レース参戦の燃料電池レースカー、パワートレインをGreenGTが供給へ

 ル・マン24時間レースの主催者であるACO(フランス西部自動車クラブ)は、2024年に水素燃料電池を搭載したプロトタイプカーに特化したカテゴリーをル・マン24時間レースに追加することを予定している。

 先日、このクラスのワンメイクシャシーをレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズとオレカが共同開発することが発表されたが、新たにパワートレインの製造・供給をスイスに拠点を置くハイテクノロジーグループであるGreenGTが行なうことも発表された。

 過去10年間、水素燃料電池テストカーを製造してきた同社は、電気モーターやバッテリー、トランスミッションを供給。一方このカテゴリーに参入したチームは、電気を生み出す燃料電池を独自に開発することになるという。

 ACOとGreenGTは、共同で『ミッションH24』と呼ばれるプロジェクトを進めてきた。これはル・マン24時間レースに水素燃料電池レーシングカーでの参加を促すことを目的としたプロジェクトであり、この一環として作られた『LMPH2G』がル・マン24時間レースが行なわれるサルト・サーキットでデモランを実施している。

 ACOのピエール・フィヨン会長は、GreenGTは「我々にとっては当然の選択だ」と評している。

「すでに数年前から一緒に活動しており、ミッションH24プロジェクトのおかげで築き上げた専門知識は、このクラスに参加するチームにも恩恵をもたらすだろう」

「我々は目指すべき場所が分かっており、その道程を助けてくれる素晴らしい仲間がいる。ACOは、持続可能なモビリティに真の貢献をするという目標を達成することを決意している」

 GreenGTのクリストフ・リカール代表は、次のように語った。

「著名なコンストラクターであるオレカやレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズ、プラスティック・オムニウム(高圧燃料タンクのサプライヤー)というラインアップに加わることができて、誇りに思う」

「この挑戦は、それに応えようとする我々の決意と同様に大きなものだ」

 GreenGTは、ウェルターレーシングが供給したシャシーを使い、2013年に早くも水素燃料電池プロトタイプカーを特別枠の”ガレージ56”を活用してル・マン24時間レースに参戦させようとしていた。当時はさらなる開発が必要だとしてエントリーを取り下げたが、ようやくその夢が実現に近づいているようだ。

Read Also:

シェア
コメント
レッドブル、燃料電池レースカーのシャシーを開発へ。オレカと提携し、2024年ル・マンに向け始動

前の記事

レッドブル、燃料電池レースカーのシャシーを開発へ。オレカと提携し、2024年ル・マンに向け始動

次の記事

デュバルの「プジョーとやり残した仕事」……WEC復帰し、いざル・マン2勝目へ

デュバルの「プジョーとやり残した仕事」……WEC復帰し、いざル・マン2勝目へ
コメントを読み込む