F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

トヨタ8号車のハートレー、レベリオンへの警戒を解かず「厳しい戦いになるはず」

トヨタの8号車のドライバーであるブレンドン・ハートレーは、ル・マン24時間レース決勝で、レベリオン勢に対しても警戒を解いていないようだ。

トヨタ8号車のハートレー、レベリオンへの警戒を解かず「厳しい戦いになるはず」

 第88回ル・マン24時間レースの予選、今季から導入されたハイパーポールで、トヨタの8号車は3番手となった。僚友7号車がポールポジションを獲得。しかしレベリオン1号車が2番手となり、トヨタ勢の間に割って入ったのだ。

Read Also:

 これに対し、TOYOTA GAZOO Racingヨーロッパのテクニカルディレクターであるパスカル・バセロンは、最新のEoT(技術均衡値)による調整で、トヨタのTS050ハイブリッドの車重が2019年と比べて7kg重くなっていることから、レベリオンがフロントロウの座を獲得したことは「驚きではない」と語った。

「彼らは非常に速い。我々にとっては驚きではない」

「EoTがレースのたびに我々からパフォーマンスを奪っていくため、我々はどこかの時点でトラブルに巻き込まれなければならない。そして、今年はちょっとしたトラブルに巻き込まれていると思う」

 レベリオン側は、決勝レースではトヨタにとって脅威になるのは難しいと考えているが、トヨタ8号車のドライバーであるブレンドン・ハートレーは、そうは考えていないようだ。

 彼は今年初めてレベリオンがトヨタと同じく、1スティントで11周を走れるようになったこともあって警戒を解いておらず、厳しい戦いになると予想している。

「彼らは僕たちにとって大きな壁になると予想していた」とハートレーは語った。

「昨年の彼らのアベレージタイムを見てみると、最速の1台だったと思う」

「彼らは昨年よりも改善されていると思うし、僕たちも少ないながらも改善できていると期待している。昨年はレギュレーションの違いに加えて、1スティントあたりの周回数の面で僕たちにアドバンテージがあったが、それがなくなってしまった」

「だから、彼らが勝つチャンスは確かにあるんだ。自分たちの仕事をしてリスクを管理しなくちゃいけない。厳しい戦いになるだろう。チームメイトだけでなく、レベリオンとも戦いになるだろう」

Read Also:

シェア
コメント

関連動画

レベリオン、ル・マン決勝では「トヨタの脅威になれない」と悲観

前の記事

レベリオン、ル・マン決勝では「トヨタの脅威になれない」と悲観

次の記事

トヨタ8号車のブエミ、”アマチュア”の動きに警戒「サバイバルレースになるかも」

トヨタ8号車のブエミ、”アマチュア”の動きに警戒「サバイバルレースになるかも」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans , WEC
イベント 24 Hours of Le Mans
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム Rebellion Racing , Toyota Gazoo Racing