ル・マン24時間 Road to Le Mans

FP2でクラッシュのJOTA12号車、マシン修復し飛行場でシェイクダウン完了。「英雄的な努力」とドライバーはチーム称える

ポルシェ963を走らせるハーツ・チームJOTAはFP2でクラッシュし破損していた12号車の修復を驚きの速度で進め、コースに隣接する飛行場でシェイクダウンを完了させた。

#12 Hertz Team Jota Porsche 963: William Stevens, Norman Nato, Callum Ilott, shakedown at the Le Mans Airport

 ハーツ・チームJOTAは12日(水)FP2中のクラッシュでポルシェ963の12号車を破損させてしまった。修復を進めてきたチームは、14日(金)夜についに完了させ、隣接する飛行場でシェイクダウンも終わらせることができた。

 ナイトセッションのFP2ではカラム・アイロットがマシンをドライブしていた。そして彼は高速S字のエッセでコースオフ。イン側のバリアに接触し、比較的衝撃が軽かったにもかかわらず、右フロントサスペンションのウィッシュボーンをマウントするために使われるシャシースタッドが折れてしまった。

 チームはポルシェからスペアモノコックを13日(木)午後に受け取り、15日(土)昼の決勝スタートに間に合わせるべく、急ピッチでマシンのリビルドを進めた。

 そして修復作業は14日(金)夜に完了し、クラッシュした際に乗っていたカラム・アイロットの手によって隣接する飛行場を利用し、特別に許可を得て30分間のシェイクダウンを実施した。

 シェイクダウンを終えたアイロットは、システムを無事にチェックすることができ準備は整ったと語った。

「すべてが良好で、調子も良い。準備は整ったと思う」

「少し路面が濡れていたから、当然ゆっくりと準備を進めていった。シェイクダウンは短かったけど、このクルマで少し走行距離を稼ぎ、システムをチェックできて良かった」

 そしてアイロットはわずか24時間あまりでマシンを修復してみせたチームクルーに敬意を表し、その努力は「英雄的なモノ」と称えた。

「JOTAの決意、そしてチームスピリットに心から感謝したい」

「謙虚な気持ちになるし、僕はこのチームの一員でいられることを誇りに思うよ」

 

前の記事 【一覧表】あなたは全員言える? 2024年ル・マン24時間レースに参戦する元F1ドライバー18人を一挙紹介
次の記事 2024年ル・マン24時間はスタート前から波乱。ウォームアップ走行でトヨタ7号車のデ・フリーズがGT3車両と接触

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本