F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

85号車キーティングに失格処分。ル・マンGTEアマクラス優勝が剥奪

シェア
コメント
85号車キーティングに失格処分。ル・マンGTEアマクラス優勝が剥奪
執筆:
2019/06/18 2:55

2019年のル・マン24時間レースでLM-GTE Amクラスのトップチェッカーを受けた85号車キーティング・モータースポーツも、燃料タンクの容量違反により失格となった。

 第87回ル・マン24時間レースの決勝で、LM-GTE Amクラスでトップチェッカーを受けた85号車キーティング・モータースポーツのフォードGTが失格処分を受けた。

 85号車にはレース後、2度にわたってペナルティが科された。まずは「最低限の燃料補給時間を満たしていなかった」として、55.2秒のタイム加算ペナルティが出された。これにより、2番手でフィニッシュしていた56号車プロジェクト1に、ル・マンのクラス優勝を手渡すこととなった。

 しかしその後、「許可された限度を超える燃料搭載量」があったとして、85号車はレース結果から除外されることとなった。これは、LM-GTE Proクラスで失格となった68号車フォードGTと同様の理由である。

 スチュワードによると、85号車の燃料タンクは、レギュレーションでは最大96リットルと規定されていたものの、実際には96.1リットルあったという。つまり、わずか0.1リットルの差で涙を飲むこととなった。

 以下はスチュワードの報告である。

「チームは、マシンがアメリカから出荷される前に、最大燃料搭載量をチェックした。その後、BoPの変更後に容量を再びチェックした。しかしこの時には直接容量を測定するのではなく、燃料の重さと密度を使って行われた」

 なお先に科された55.2秒のタイム加算ペナルティは、正しいサイズの燃料給油リストリクターが装着されていなかったために科されたものだった。

 今回85号車キーティング・モータースポーツが失格となり、LM-GTE Amクラスの優勝を剥奪されたことで、昨年のLMP2のGドライブ・レーシングに続き、2年連続でクラス優勝チームが失格処分を受けることになった。

Read Also:

次の記事
フォードGTの68号車、燃料タンク容量違反によりル・マン失格裁定に

前の記事

フォードGTの68号車、燃料タンク容量違反によりル・マン失格裁定に

次の記事

トヨタ8号車は”幸運”を享受しなければ……アロンソ「ル・マンではいろんな事が起こる」

トヨタ8号車は”幸運”を享受しなければ……アロンソ「ル・マンではいろんな事が起こる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans , WEC
イベント 第8戦ル・マン24時間レース
ドライバー Ben Keating , Felipe Fraga , Jeroen Bleekemolen
チーム Keating Motorsports
執筆者 Jamie Klein