ル・マンデビュー果たすロバート・クビサ、24時間耐久レース“3度目の正直”で完走なるか?

元F1ドライバーのロバート・クビサは2021年のルマン時間レースへと参戦するが、過去2回出場した他の24時間レースのようにリタイアすることなく「完走したい」と語った。

ル・マンデビュー果たすロバート・クビサ、24時間耐久レース“3度目の正直”で完走なるか?
Listen to this article

 2019年までF1に参戦していたロバート・クビサ。彼は今年、ル・マン24時間レースへ参加するが、過去に参加していた他の24時間レースとはことなり、キチンと完走したいと語った。

 クビサは今回、LMP2クラスのチームWRTのオレカ 07#41号車をルイ・デレトラとイーフェイ・イェと共にドライブし、ル・マンへのデビューを果たす。彼らはヨーロピアン・ル・マンでもチームを組んでおり、現在はチャンピオンシップをリードする存在となっている。

 しかし、クビサは過去2回24時間の耐久レースに出場した経験があるが、完走した経験はない。どちらも彼のコントロールの及ばない部分で幸運に恵まれずリタイアで終えているのだ。

 2017年にドバイ24時間レースへ参戦した際は、技術的な問題によってリタイア。さらに今年のデイトナ24時間ではマシンをドライブする以前に、ギヤボックスの問題が発生しリタイアせざるを得なかった。

 クビサはこうした悪い流れを、今回のル・マンで終わらせたいと願っている。なおチーム3人のうちル・マンに出場したことのある経験を持つのは、デレトラのみだ。

「ル・マンは最大の耐久レースであり、最も歴史あるトラックのひとつでもある。僕はここにいられること、そしてイベントに参加できることを本当に嬉しく思っている。新しい物事や挑戦に満ちていると確信しているんだ」

 ル・マンを前に、クビサはそう語った。

#41 Team WRT Oreca 07 - Gibson LMP2 of Robert Kubica, Louis Delatraz, Yifei Ye

#41 Team WRT Oreca 07 - Gibson LMP2 of Robert Kubica, Louis Delatraz, Yifei Ye

Photo by: JEP / Motorsport Images

「このイベントを尊重して、できるだけ上手くやり、ミスを避けるようにしなければならない。難しい状況も現れるだろう。リスクを最小限に抑え、コース外でもコース内でも困難な状況から逃れることが重要だ」

「ストレスもあるだろうし、多くのエネルギーと努力が必要になると思う。だけど参加できてとても嬉しいし、初めて24時間レースをフィニッシュできることを祈っている。キャリアでは2回しか(24時間レースに)出たことはないけど、完走したことが無いんだ。今回は違ったモノにできればと思っている」

 チームWRTは過去10年間、アウディのGT3マシンで成功を収めてきた。そして今年はついにプロトタイプマシンによるレースへと進出した。

 そして7月に行なわれたWECのモンツァ戦で、彼らは初表彰台を獲得してみせるなど、既に結果を出し始めている。

 チームWRT代表のヴィンセント・ヴォッセは、チームがル・マンで競う姿を目の当たりにするのは夢のようだと語っている。

「長く待ち望んだ目標だ」と、ヴォッセは言う。

「ル・マンはチームWRTにとって立ち上げから常に夢であり続けてきた」

「どのモータースポーツファンにとっても、ル・マンは大きな意味を持っている。それが耐久レースの愛好家にとってなら、なおさらだ。個人的には私がドライバーをやっていたときの、人生で最も素晴らしい経験の一つだった。そして今、別の立場で戻ってこられたのは、素晴らしく幸せなことだ」

「ル・マンより尊敬の念を抱くレースは無い。我々は常に野望を持ってレースをしているが、2021年の参加は探査的なものだと考えている」

「チーム内の優秀なル・マンの専門家や、素晴らしいドライバーラインアップなど、素晴らしい準備ができていることは分かっている。しかし我々はまた多くの予想し得ないことにも直面するだろうし、多くの学びを得ていくだろう。どうなるか様子を見てみよう。しかしここに参加できることそれ自体が、既に特別なことだ」

 

Read Also:

シェア
コメント

関連動画

ル・マン24時間予選:トヨタ7号車がトップタイム。上位グリッドは“ハイパーポール”で決定へ

ル・マン24時間:7号車の小林可夢偉がハイパーポールで最速アタック。トヨタがフロントロウ独占

最新ニュース

2024年の技術規定までクリア済み。アルファロメオ、新車『C43』で”半”ブレード型ロールフープを採用した理由を明かす

2024年の技術規定までクリア済み。アルファロメオ、新車『C43』で”半”ブレード型ロールフープを採用した理由を明かす

F1 F1

2024年の技術規定までクリア済み。アルファロメオ、新車『C43』で”半”ブレード型ロールフープを採用した理由を明かす 2024年の技術規定までクリア済み。アルファロメオ、新車『C43』で”半”ブレード型ロールフープを採用した理由を明かす

F1“2年生”の周冠宇「去年みたいな緊張はもう無い!」新シーズンの目標は大量ポイント&長期契約

F1“2年生”の周冠宇「去年みたいな緊張はもう無い!」新シーズンの目標は大量ポイント&長期契約

F1 F1

F1“2年生”の周冠宇「去年みたいな緊張はもう無い!」新シーズンの目標は大量ポイント&長期契約 F1“2年生”の周冠宇「去年みたいな緊張はもう無い!」新シーズンの目標は大量ポイント&長期契約

【動画】アルファロメオ、2023年マシン『C43』を発表。前年型から変更点多数!

【動画】アルファロメオ、2023年マシン『C43』を発表。前年型から変更点多数!

F1 F1

【動画】アルファロメオ、2023年マシン『C43』を発表。前年型から変更点多数! 【動画】アルファロメオ、2023年マシン『C43』を発表。前年型から変更点多数!

アルファロメオF1の新車C43、進化版ながらリヤエンドを大幅変更! 信頼性向上にも取り組む「昨年のマシンより速いことを祈る」

アルファロメオF1の新車C43、進化版ながらリヤエンドを大幅変更! 信頼性向上にも取り組む「昨年のマシンより速いことを祈る」

F1 F1

アルファロメオF1の新車C43、進化版ながらリヤエンドを大幅変更! 信頼性向上にも取り組む「昨年のマシンより速いことを祈る」 アルファロメオF1の新車C43、進化版ながらリヤエンドを大幅変更! 信頼性向上にも取り組む「昨年のマシンより速いことを祈る」