フリー走行レポート

2024年ル・マン24時間はスタート前から波乱。ウォームアップ走行でトヨタ7号車のデ・フリーズがGT3車両と接触

2024年ル・マン24時間レースの決勝前ウォームアップ走行では、トヨタ7号車のニック・デ・フリーズがLMGT3クラスの車両に追突してダメージを負うというハプニングがあった。

#7 Toyota Gazoo Racing Toyota GR010 - Hybrid: Jose Maria Lopez, Kamui Kobayashi, Nyck De Vries

#7 Toyota Gazoo Racing Toyota GR010 - Hybrid: Jose Maria Lopez, Kamui Kobayashi, Nyck De Vries

写真:: Alexander Trienitz

 現地時間6月15日16時(日本時間23時)にスタートする2024年のル・マン24時間レース。それに先駆けて行なわれたウォームアップ走行では、TOYOTA GAZOO Racingの7号車が接触によりダメージを受けるという一幕があった。

 レースでは天候が不安定になることが予想されている今年のル・マン24時間だが、15分間のウォームアップ走行でも雨がぱらついており、レースコントロールからウエット宣言が出された。ただ雨が本格化したのはセッション後であり、セッション中は各車ドライタイヤを履いている姿が確認された。

 そんな中、開始から5分を過ぎたあたりでアクシデントが発生。トヨタ7号車を駆るニック・デ・フリーズが、ポルシェカーブの出口でケルビン・ヴァン・デル・リンデがドライブするASPのレクサス RC F GT3に追突したのだ。映像をみると、ヴァン・デル・リンデのマシンは追突される直前に急激に減速したように見える。

 

 フロント部分にダメージを負ったトヨタの7号車はそのままガレージイン。スタッフはノーズ部分を外してフロント部分のダメージを確認していたが、決勝レースが迫る中、車両の状態が気になるところだ。

 トヨタ7号車は、予選で小林可夢偉がコースオフによって赤旗の原因を作ったことで全タイムを抹消されてしまい、ハイパーカークラスの最後尾からスタートすることになっている。

 ウォームアップセッション自体は多くのチームがピットストップ練習に充てたことから、ハイパーカークラスでタイムを記録したのは23台中12台。トップタイムはAFコルセの83号車フェラーリ499Pであった。

 

前の記事 FP2でクラッシュのJOTA12号車、マシン修復し飛行場でシェイクダウン完了。「英雄的な努力」とドライバーはチーム称える
次の記事 2024年のル・マン24時間がスタート! フェラーリがすかさずワンツー奪取……トヨタ8号車6番手

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本