ル・マン24時間予選:トヨタ7号車がトップタイム。上位グリッドは“ハイパーポール”で決定へ

2021年ル・マン24時間レースの予選が行なわれ、トヨタ7号車がトップでハイパーポール進出を決めた。

ル・マン24時間予選:トヨタ7号車がトップタイム。上位グリッドは“ハイパーポール”で決定へ

 2021年ル・マン24時間レース、その予選が8月18日(水)に行なわれた。トップタイムを記録したのはTOYOTA GAZOO Racingの7号車(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)で、翌19日(木)に行なわれるハイパーポールに向けて順調な滑り出しを見せた。

 ル・マン24時間レースでは、昨年から予選方式が変更。従来はフリー走行のベストタイムでグリッド順を決めていたが、まず60分間の計時予選を行ない、そこでの各クラス上位6台がハイパーポールへと進出してポールポジションを争うという形式に刷新された。

 最高峰クラスであるハイパーカークラスは、エントリー台数が5台のため、自動的に全車ハイパーポール進出が確定。その中でトヨタ7号車の小林は3分26秒279をマークし、僚友でポイントリーダーのトヨタ8号車(3分27秒671)に対して1秒以上速いタイムを叩き出した。

 そんなトヨタ2台に割って入ったのがアルピーヌ36号車。マシュー・バクシヴィエールが3分27秒095というタイムをマークし、2番手につけた。なおグリッケンハウス勢は、テストデーではトップタイムも記録した708号車が3分28秒256、709号車が3分29秒381でそれぞれクラス4、5番手だった。

 LMP2クラスのトップは、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタが3分28秒807をマークしたJOTA38号車。2番手はGドライブ26号車のニック・デ・フリーズで、フォーミュラEの新旧王者がグリッケンハウス709号車のタイムを上回った。同クラスは他にも、ル・マン初参加のWRT41号車、パニスレーシング65号車、そしてユナイテッド・オートスポーツの2台がハイパーポールに駒を進めている。

 8台がエントリーしているLM-GTE Proクラスは、AFコルセのフェラーリがワンツー。フェラーリ2台、ポルシェ3台、シボレー1台がハイパーポール進出を決めた。LM-GTE Amクラスのトップはデンプシー・プロトン88号車のポルシェで、木村武史の所属するケッセル・レーシング57号車は8番手、星野敏、藤井誠暢が所属するDステーション・レーシング777号車は19番手と、いずれもハイパーポール進出を逃した。

 なお、今回のル・マン24時間に“Innovative car”と呼ばれる特別枠で参加しているソーセ・レーシングチーム41からは元WGPライダーである青木拓磨が参加しているが、彼らは3分33秒538というベストタイムをマークして総合29番手だった。

 

Read Also:

順位 # ドライバー クルマ クラス 周回数 平均タイム
1 7 United Kingdom マイク コンウェイ
Japan 小林 可夢偉
Argentina ホセ・マリア ロペス
Toyota GR010 - Hybrid HYPERCAR 15 3'26.279  
2 36 Brazil アンドレ ネグラオ
France ニコラ ラピエール
France マシュー バクシヴィエール
Alpine A480 HYPERCAR 10 3'27.095 0.816
3 8 Switzerland セバスチャン ブエミ
Japan 中嶋 一貴
New Zealand ブレンドン ハートレー
Toyota GR010 - Hybrid HYPERCAR 15 3'27.671 1.392
4 708 Brazil Pipo Derani
France Franck Mailleux
France Olivier Pla
Glickenhaus 007 LMH HYPERCAR 15 3'28.256 1.977
5 38 Mexico ロベルト ゴンザレス
Portugal アントニオ フェリックス・ダ・コスタ
United Kingdom アンソニー デビットソン
Oreca 07 LMP2 10 3'28.807 2.528
シェア
コメント
グリッケンハウス、テストデー首位でル・マン24時間の本番に自信「”戦える”と信じている」

前の記事

グリッケンハウス、テストデー首位でル・マン24時間の本番に自信「”戦える”と信じている」

次の記事

ル・マンデビュー果たすロバート・クビサ、24時間耐久レース“3度目の正直”で完走なるか?

ル・マンデビュー果たすロバート・クビサ、24時間耐久レース“3度目の正直”で完走なるか?
コメントを読み込む