F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

ル・マン24時間|トヨタ2台が他車と接触も、7号車が暫定ポールポジション

シェア
コメント
ル・マン24時間|トヨタ2台が他車と接触も、7号車が暫定ポールポジション
執筆:
2019/06/13 8:22

第87回ル・マン24時間レースの幕が開き、予選1回目でトヨタ7号車が暫定ポールポジションを獲得した。

 6月12日(水)、FIA世界耐久選手権(WEC)2018-2019年スーパーシーズンの最終戦となる第87回ル・マン24時間レースの公式練習と予選1回目が行われ、どちらもトヨタのTS050 HYBRID7号車 (小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)がトップタイムをマークした。

 午後に行われた4時間の公式練習は、降雨によりウエットコンディションでスタート。LM-GTE Amクラスの99号車プロトン・コンペティションがクラッシュし、天候の悪化もあってセッションは約50分ほど赤旗中断となった。

 セッション最後の1時間はコースが乾いていき、各車がウエットタイヤの交換タイミングの評価などを行った。

 トヨタ7号車は、セッション残り2分というタイミングで小林が3分18秒091をマーク。それまでトップに立っていたSMPレーシング11号車に代わって首位となった。11号車は、ストフェル・バンドーンがセッション残り20分のところでタイムを記録していたが、7号車のタイムとは1.840秒の差がついた。

 トヨタ8号車はレベリオン3号車に次ぐ4番手。セッション最後の周回で中嶋一貴がタイムアップを狙っていたが、他車がスピンしイエローフラッグが振られたため、フェルナンド・アロンソが記録した3分20秒941でセッションを終えた。

 続いて、夜間に行われた予選1回目は2時間のセッション。ル・マンでのコースレコードを持つ小林がここでも速さを見せ、開始から10分ほどのところで3分17秒161を叩き出し、暫定ポールポジション。

 しかしセッション残り45分というタイミングで、7号車がインシデントに巻き込まれた。

 LMP2クラスのドラゴンスピード31号車がフォード・シケインでスピンを喫した。ドライブしていたロベルト・ゴンザレスがコース復帰しようとしたタイミングで、マイク・コンウェイがドライブしていた7号車と接触してしまったのだ。7号車は25分ほどの修復作業を経てコースに戻った。

 一方、トヨタの8号車は中嶋一貴がアタックに向かったが、トラフィックとフルコースイエローに阻まれてしまった。そのため、夜間走行におけるセットアップ作業に集中したようだ。

 しかし8号車はセバスチャン・ブエミがドライブ中に他車と接触。幸い、フロア修復とフロントノーズの交換のみで走行を再開し、セッション残り5分にアロンソが3分19秒837を記録し4番手となっている。

 暫定2番手となったのは、SMPレーシングの17号車。イゴール・オルトツェフが7号車と0.472秒差のタイムを記録した。

 3番手のレベリオン3号車は、ユノディエール(ロングストレート)の第2シケインでグラベルに飛び出る場面もあったが、その後のラップで3分19秒603を記録している。

 LMP2クラスは、トヨタ7号車との接触があったにも関わらず、31号車が暫定ポールポジション。元F1ドライバーのパストール・マルドナドが3分26秒804をマークした。2番手にはポイントリーダーの36号車シグナテック・アルピーヌがつけている。

 LM-GTE Proクラスは、67号車フォードがポルシェ勢を抑えてトップに立った。アタックを担当したハリー・ティンクネルが、93号車ポルシェをわずか0.028秒差で上回る3分49秒530を記録した。

 セッション残り20分の時点で、63号車コルベットのアントニオ・ガルシアが3分49秒467をマークしていたものの、イエローフラッグが出ていた中でのタイム更新だったため、このタイムは削除されている。

 LM-GTE Amクラスの上位はポルシェが独占。デンプシー・プロトン88号車がトップとなっている。

 13日(木)には予選2・3回目のセッションが行われ、全クラスの予選順位が確定することになる。

2019 ル・マン24時間レース予選1回目タイム結果

順位 # ドライバー クラス 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 7 United Kingdom マイク コンウェイ
Japan 小林 可夢偉
Argentina ホセ・マリア ロペス
LMP1 25 3'17.161     248.854
2 17 France ステファン サラザン
Russian Federation Egor Orudzhev
Russian Federation セルゲイ シロトキン
LMP1 23 3'17.633 0.472 0.472 248.260
3 3 France トーマス ローラン
France Nathanael Berthon
United States グスタボ メネゼス
LMP1 19 3'19.603 2.442 1.970 245.809
4 8 Switzerland セバスチャン ブエミ
Japan 中嶋 一貴
Spain フェルナンド アロンソ
LMP1 30 3'19.632 2.471 0.029 245.774
5 10 Sweden Henrik Hedman
United Kingdom Ben Hanley
Netherlands Renger van der Zande
LMP1 9 3'20.200 3.039 0.568 245.076
6 1 Switzerland ニール ジャニ
Germany アンドレ ロッテラー
Brazil ブルーノ セナ
LMP1 27 3'20.297 3.136 0.097 244.958
 
次の記事
レベリオン、ル・マン24時間レースはド派手な”アートカー”で参戦!

前の記事

レベリオン、ル・マン24時間レースはド派手な”アートカー”で参戦!

次の記事

【ル・マン24時間】予選速報:トヨタ7号車がポールポジションを獲得

【ル・マン24時間】予選速報:トヨタ7号車がポールポジションを獲得
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans
イベント 第8戦ル・マン24時間レース
ドライバー 小林 可夢偉
チーム Toyota Gazoo Racing WEC
執筆者 Jamie Klein