ル・マン24時間レース決勝速報:トヨタ8号車が優勝! 中嶋一貴は史上9人目の3連覇

2020年のル・マン24時間レースが行なわれ、TOYOTA GAZOO Racingの8号車が優勝。大会3連覇を達成した。

ル・マン24時間レース決勝速報:トヨタ8号車が優勝! 中嶋一貴は史上9人目の3連覇

 第88回ル・マン24時間レースが9月19日(土)から20日(日)にかけて、フランスのサルト・サーキットで行なわれた。優勝したのはTOYOTA GAZOO Racingの8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー)だった。

 トヨタ、そしてドライバーの中嶋とブエミにとっては、3年連続のル・マン総合優勝となった。過去にル・マンで3連覇以上を達成したドライバーは歴代でわずか8人であり、その中に中嶋とブエミが名を連ねることとなった。

 悲願のル・マン初制覇を目指したトヨタ7号車(小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス/マイク・コンウェイ)はポールポジションからスタートし、長きに渡って首位を快走していたが、レースが折り返しを迎えた直後にターボトラブルが発生。約30分タイムをロスしたことが響き、3位に終わった。 

 なお、LMP2クラスは22号車ユナイテッド・オートスポーツ、LMGTE Proクラスは97号車アストンマーチン、LMGTE Amクラスは90号車TFスポーツがそれぞれクラス優勝となった。

 他の日本勢は、山中信哉擁するユーラシア・モータースポーツ35号車がLMP2クラス14位。山下健太が所属するLMP2クラスのハイクラスレーシング33号車、木村武史率いるLMGTE AmのMRレーシング70号車(CAR GUY RACING)は、無念のリタイアに終わった。

 

Read Also:

シェア
コメント
ル・マン24時間は3連覇懸かるトヨタ8号車のトップで夜明け迎える。残り6時間に

前の記事

ル・マン24時間は3連覇懸かるトヨタ8号車のトップで夜明け迎える。残り6時間に

次の記事

ブエミ&中嶋一貴ル・マン3連覇。「僕らは他の車よりも運に恵まれている」

ブエミ&中嶋一貴ル・マン3連覇。「僕らは他の車よりも運に恵まれている」
コメントを読み込む