予選レポート

ポルシェが最後の最後に大逆転でポール獲得! キャデラック、フェラーリら及ばず|ル・マン24時間ハイパーポール

ル・マン24時間レースのハイパーポールが行なわれ、ポルシェ・ペンスキー・モータースポーツの6号車が最高峰クラスのポールポジションを獲得した。

Pole sitter Pole sitter #6 Porsche Penske Motorsport Porsche 963: Kevin Estre

Pole sitter Pole sitter #6 Porsche Penske Motorsport Porsche 963: Kevin Estre

写真:: Alexander Trienitz

 2024年ル・マン24時間レースのポールポジションを決するハイパーポールセッションが6月13日(現地時間)に行なわれた。終盤まで手に汗握る展開の中でポールを獲得したのは、ポルシェ・ペンスキー・モータースポーツの6号車だった。

 予選で上位タイムを記録した車両がポールポジションを懸けて争うハイパーポール。盛り上がりを見せる最高峰ハイパーカークラスは20台を超えるエントリーを集めたが、その中でキャデラック2台、フェラーリ2台、ポルシェ2台(カスタマーのJOTA含む)、BMW1台、アルピーヌ1台の計8台がハイパーポールに駒を進めた。なお2年ぶりの優勝を狙うトヨタ勢は8号車が11番手、7号車が赤旗原因によるタイム抹消で最後尾の23番手に終わり、そこに名を連ねることはできなかった。

 前日の夜間プラクティスセッションでカラム・アイロットがクラッシュしたJOTAのポルシェはシャシーにまでダメージを受けてしまったため、決勝に向けて車体をリビルド中。ハイパーカークラスは7台での戦いとなった。

 30分間のハイパーポールが開始されると、まずはキャデラック3号車が好タイムをマークしてセッションをリード。セバスチャン・ブルデーが3分24秒816を記録してタイムシートの最上段につけていた。

 そして残り8分というタイミングでまさかの事態が。予選で最速タイムを刻んでいた15号車BMWのドリス・ヴァンスールがインディアナポリスへの進入でバリアに激突。これで赤旗が出され、BMWはポール争いから脱落となった。

 残り7分41秒からセッションが再開された時、残り時間を考えてもキャデラック3号車のポールは堅いように思われた。実際ブルデーは再開後のセッションはピットで待機し、戦況を見守った。

 しかしながら、ポルシェ6号車はアウトラップ、そして計測1周目を消化し、セッション残り数秒でコントロールラインを通過して計測2周目に突入。そこで6号車を駆るケビン・エストレは3分24秒634というタイムを叩き出し、見事ポールポジションを手中に収めた。

 2番手はこちらも終盤にタイムを更新したキャデラック2号車。キャデラック3号車は3番手で、以下フェラーリ51号車、フェラーリ50号車、アルピーヌ、BMW、JOTAの順となった。

 ELMS(ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ)参戦チームによって構成されるLMP2クラスでは、16台がエントリー。その中でポールを勝ち取ったのはAO by TFのルイ・デレトラだった。なお宮田莉朋が所属するクール・レーシングは6番手となった。

 23台エントリーのLMGT3クラスは、同クラスでは唯一のIMSAからの参戦となるインセプション・レーシングのマクラーレン 720S GT3がポールポジション。日本勢は、D'station Racingがオーナードライバー星野敏のドライブで6番手。小泉洋史を擁するTFスポーツの82号車コルベットは7番手だった。

   
1
 - 
4
   
   
1
 - 
2
   
順位 チーム # ドライバー クルマ 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1
PORSCHE PENSKE MOTORSPORT HYPERCAR
6 France ケビン エストレ Germany アンドレ ロッテラー Belgium ローレンス ヴァンスール Porsche 963 10

3'24.634

  239.713
2
CADILLAC RACING HYPERCAR
2 New Zealand アール バンバー United Kingdom アレックス リン Spain アレックス パロウ Cadillac V-Series.R 9

+0.148

3'24.782

0.148 239.540
3
CADILLAC RACING HYPERCAR
3 France セバスチャン ブルデー Netherlands レンジャー ヴァン・デル・ザンデ New Zealand スコット ディクソン Cadillac V-Series.R 6

+0.182

3'24.816

0.034 239.500
 
前の記事 BMW、ル・マン予選初日トップは予想外も「ポールポジション獲得ありうるぞ!」
次の記事 FP2でクラッシュのJOTA12号車、”最速ペース”でマシン修復進める「リビルド記録更新は間違いない」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本