ル・マン24時間 24 Hours of Le Mans

アルピーヌ、ル・マンの夜を前にダブルリタイア。エンジントラブルで夢潰える「来年、強くなって戻って来る」

ハイパーカークラスを戦うアルピーヌは、ル・マン24時間レース開幕から6時間で2台がリタイア。夜を迎える前に、戦いを終えることになった。

#36 Alpine Endurance Team Alpine A424: Nicolas Lapierre, Mick Schumacher, Matthieu Vaxiviere

#36 Alpine Endurance Team Alpine A424: Nicolas Lapierre, Mick Schumacher, Matthieu Vaxiviere

写真:: Rainier Ehrhardt

 ル・マン24時間レースのハイパーカークラスに2台のA424 LMDhを投入していたアルピーヌだが、レース開始から6時間を迎えた時点で2台ともリタイアとなった。

 メカクローム製の3.4リッターV6ターボエンジンを搭載するA424。レースではエンジントラブルが立て続けに発生し、まずフェルディナンド・ハプスブルクが駆る35号車がレース開始から5時間を迎えるというところで、アルナージュコーナー手前でエンジンブローを喫した。

 そしてその数分後、僚機36号車を駆るニコラ・ラピエールが緊急ピットイン。メカニックがエンジンカウルを開けて作業を続けていたが、しばらくしてエンジンに問題があることが認められた。メカクローム製エンジンは、同様のユニットが使用されているFIA F2車両でも度々信頼性問題が発生している。

 今年から世界耐久選手権(WEC)にA424を投入し、ル・マンでは母国勝利を目指したアルピーヌ陣営だったが、ル・マンの夜を前に早々と店じまいとなった。

「エンジンの問題が疑われるため、35号車、36号車ともにレースからリタイアすることを認める」とチームは声明を発表した。

「ル・マン24時間レースでのハイパーカーカテゴリーへの参戦は今年が初めてであり、当初から険しい成長曲線になることは分かっていた。我々はこの問題をさらに調査し、来年のル・マンではより強く、決意を持って挑むつもりだ」

「マシンは予選でハイパーポールに進出する良いペースを見せ、レースでも良いスタートを切ることができた。それが今後に向けた励みとなっている」

 アルピーヌの2台はレース序盤のにわか雨でウエットタイヤを履いたが、すぐさま雨は止み再びスリックタイヤに履き替えたため、タイムをロス。リタイア時点でトップ10圏外を走り、ペースは上位勢に遠く及ばなかった。

 

前の記事 フェラーリカスタマーの83号車が首位。トヨタ8号車が3番手……夜と共に雨が襲来|ル・マン24時間レース:6時間経過
次の記事 トヨタ8号車が総合トップ! 雨が強まりSCでレース折り返し|ル・マン24時間:12時間経過

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本