ル・マン24時間 Road to Le Mans

予選好調キャデラック、ル・マン24時間本戦では最高速が“足かせ”に? パロウ「コーナーは速いんだけど……」

アレックス・パロウは、キャデラックが最高速でライバルに後れを取っていると明かし、ル・マン24時間レース本戦ではそれが“足かせ”になるかもしれないと語った。

#2 Cadillac Racing Cadillac V-Series.R: Earl Bamber, Alex Lynn, Alex Palou

#2 Cadillac Racing Cadillac V-Series.R: Earl Bamber, Alex Lynn, Alex Palou

写真:: Andreas Beil

 キャデラックの2号車V.シリーズ.Rに乗るアレックス・パロウは、最高速の弱さがル・マン24時間レース本戦では“足かせ”になる可能性があると語った。

 ル・マンでキャデラック勢は3台のうち2台がハイパーポールに進出。トップこそポルシェ・ペンスキー・モータースポーツの6号車963に譲ったものの、キャデラック勢は2台で2〜3番手につける走りを見せた。

 ただ、水曜日に行なわれた最初の予選でキャデラック勢は、ストレート区間でハイパーカークラス中最遅だった。このセッションではアレックス・リンが2号車キャデラックのアタックを担当したが、Q1で記録した最高速度は332.9km/hとアルピーヌ勢のポール・ループ・シャタンとニコラ・ラピエールが記録した341.3kmを大きく下回った。

「レースにおいては、最高のBoP(性能調整)を受けられなかったと思う。僕らはストレートでは本当に遅いんだ。コーナーでは本当に速いんだけどね」とパロウは言う。

「トラフィックがあって、ストレートで実力が発揮できない場合は本当に厳しい……(マシンを)いじることができるといいんだけど、そうはならないと思う。でも、僕らにとっては厳しいレースになるだろうね」

「予選ではトラフィックがないし、100%で走ることができる。予選のBoPは完璧かもしれないけど、決勝は僕らにとって本当にトリッキーだと思う」

「僕らはポルシェ(カーブ)でとても速いけど、オーバーテイクはできないし、トラフィックに遭遇したら(アクセルを)離さないといけない。そこで多くのタイムを失うことになる。ストレートでもそうだし、レースペースを考えると、今の僕らには足らないモノが沢山あると思う」

Scott Dixon, Alex Palou, Cadillac Racing

Scott Dixon, Alex Palou, Cadillac Racing

Photo by: Rainier Ehrhardt

 motorsport.comがパロウに対して、セットアップ変更でマシンパフォーマンスを向上させる余地があるかと尋ねると、彼は次のように答えた。

「そうでもないよ。直線スピードのためにできることは、あまりない。できるのはダウンフォースを減らすことだけだと思うけど、それも最低限だ。でないとコーナリングがひどいことになるからね」

「だから、セットアップでできることはあまりない。もっとエンジンパワーを増やして、バランスを取るためにウエイトを増やす必要がある。そうすればストレートで少し速く、コーナリングでは少し遅くなる。それがどう変わるか見てみよう」

 キャデラックV.シリーズ.Rの最大出力は、ル・マンを前に7kW引き下げられ、509kWとなった。一方で最低重量は6kgの引き上げられたが、依然としてクラス最軽量の1036kgだ。

 メーカーがBoPについて明確に発言することは許されていないものの、パドックやチーム間、ドライバー間ではBoPの話題は絶えない。

 6月初頭に、主催者であるFIAとACO(西フランス自動車クラブ)は、ハイパーカークラスに高速域でのパワーを調整する“パワーゲイン”という新システムを取り入れ、各マシンのトップスピードと加速力の均衡を取ろうとした。

 この2段階のBoPのもと、各マシンはル・マンで250km/hを基準にパワーゲイン調整を受けた。

リン、キャデラックのスピードに感銘受ける

 前述の通り、キャデラックはハイパーポールに2台で進出した。最初の予選で2号車キャデラックのアタックを担当したリンは、V.シリーズ.Rがハイダウンフォース仕様であることを認めたが、そのおかげで高速コーナーでのパフォーマンスが大幅に向上したと考えている。

「ロングランは良いよ。マシンとして、パッケージとしてハイダウンフォース仕様になった。ポルシェ・カーブでのパフォーマンスを例に挙げると、僕たちはとても優れている。それがこのコーナーの強みだと思う」

「コーナリングスピード、ダウンフォースがあり、ドライバビリティがある。24時間レースで限界に迫ることができるという、大きな自信をドライバーたちに与えている」

「だから正直なところ、24時間を通してロングランペースが良いパッケージになると良いね」

 

前の記事 ル・マンでポール獲得のポルシェ、デイトナとの2大24時間レース制覇へ「達成できたらすごいこと」
次の記事 おかえりLMP2! ル・マン24時間は変わらず競争激しい中間クラスにも注目

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本