F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

レベリオン、エンジントラブルの原因特定?「再発はしないと自信」

シェア
コメント
レベリオン、エンジントラブルの原因特定?「再発はしないと自信」
執筆:
2019/06/15 10:40

レベリオンと、エンジンを供給するギブソンは、ル・マン24時間レースの予選で起きたエンジントラブルは再発しないと自信を持っている。

 レベリオン・レーシングと、チームにエンジンを供給しているギブソン・テクノロジーは、ル・マン24時間レースの予選で相次いで発生したエンジントラブルが再び起きることはないと自信を持っているようだ。

 予選最終日に当たる13日(木)、レベリオンの1号車と3号車に搭載されたギブソンの自然吸気V8エンジンは、続けざまにトラブルに見舞われた。

 しかしギブソンは”異常であり予想外”と説明したその問題を、克服したと考えているようだ。

 ギブソンのオペレーションディレクターであるジョン・マンチェスターは「我々はそれに対処できたと考えているし、レースでその問題は起こらないと思う。また、パフォーマンスに影響を与えることもないだろう」とmotorsport.comに語った。

 レベリオンのチームマネージャーを務めるバート・ヘイデンは「ギブソンの説明にストレスを感じていないし、非常に満足している」と話した。さらに、トラブルが起きたエンジンはマイレージを重ねていたものだったため、元々レースに向けて交換する予定だったと明かした。

 ギブソンは出力が向上されたBスペックのエンジンを4月にアラゴンで行われたタイヤテストで試し、5月のスパ6時間でレース初投入した。ル・マンでの事前テストでもこのエンジンを使用していたようだ。

 マンチェスターは、トラブルの詳細については明かさなかったものの、レベリオンの2台に発生した問題の原因が同じだったと考えている。

「エンジンを少しプッシュしていたことも事実だし、使われ方次第といった部分もある」

「エンジンをファクトリーに戻し、中を開けてみるまでは問題が何だったのか正確には分からないため、詳細は言えない」

 また、レベリオンが使用するBスペックのエンジンが、バイコレスとドラゴンスピードが使用しているオリジナルバージョンより30bhpパワーアップしているのではないかという推定について、マンチェスターは”楽観的だ”と説明している。

次の記事
ル・マン24時間ウォームアップ:7号車トヨタ、小林可夢偉が最速で決勝へ

前の記事

ル・マン24時間ウォームアップ:7号車トヨタ、小林可夢偉が最速で決勝へ

次の記事

3分ストップペナルティ”執行猶予”のコンウェイ。決勝は「もっと慎重に」

3分ストップペナルティ”執行猶予”のコンウェイ。決勝は「もっと慎重に」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans
イベント 第8戦ル・マン24時間レース
チーム Rebellion Racing
執筆者 Gary Watkins