ル・マン24時間 24 Hours of Le Mans

ポルシェ、トップスピード不足がル・マンの敗因に?「その原因がどこにあるかは分からない」

ル・マン24時間レースの優勝有力候補とみなされながら勝利できなかったポルシェは、ストレートスピードが足りなかったという。

#6 Porsche Penske Motorsport Porsche 963: Kevin Estre, Andre Lotterer, Laurens Vanthoor

#6 Porsche Penske Motorsport Porsche 963: Kevin Estre, Andre Lotterer, Laurens Vanthoor

写真:: Alexander Trienitz

 ル・マン24時間レースは、雨が周期的に訪れる難しい展開となった。下馬評で有力候補だと考えられていたポルシェも、戦略的なミスをいくつか犯し、ポルシェ6号車の4位がベストリザルトとなった。

 しかしポルシェのLMDhディレクターであるウルス・クラトレは、963 LMDhが謎のトップスピード不足に苦しんでいたことを明かした。

「ストレートでのスピードが不足していた」とクラトレはmotorsport.com/Autosportのインタビューで説明した。

「その原因がどこにあるのか分からない。加速なのか空力効率なのか、分からないんだ」

「我々はそれほど大きな差があったと言っているわけではない。時速2~3kmの違いだから大きくはない」

「でもル・マンでは、その違いは大きな意味を持つ。ストレートは他のトラックより長いんだ。これから分析する必要がある」

 クラトレは、ポルシェ・ペンスキー・モータースポーツがル・マンのハイパーカー・クラス2度目の挑戦で注いだ努力を誇りに思うとしながらも「単純に力不足だった」と認めた。

「望んでいたような結果ではなかった」

「ドライバー、エンジニア、メカニック、すべての関係者を含めてチームを誇りに思う」

「ル・マンはWECのハイライトだ。なぜ4位なのかと聞かれれば、それは単純に力不足だったからだ」

「ひとつかふたつ、戦略的に違う判断をしていればとも思うが、それはどのチームでも同じことだろう」

「最終的に40秒ほど勝利に足りなかった。24時間を戦った後にそれは素晴らしい」

「結局のところ、十分ではなかったんだ」

 

前の記事 バレンティーノ・ロッシ、初のル・マン24時間レースは僚友クラッシュでリタイア「レースリードは楽しかった」
次の記事 経験豊富なジャービス、LMP2クラス制するも「これまでで最もハードなレースだった」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本