”WECのため”性能調整受け入れたトヨタ。それでも「ル・マンは別」

シェア
コメント
”WECのため”性能調整受け入れたトヨタ。それでも「ル・マンは別」
執筆: Marc Fleury
2018/10/10 0:18

最近のEoT変更により、トヨタのTS050が持つアドバンテージが削られたが、この変更は来年のル・マン24時間では適用されないようだ。

 今週末に開催されるFIA世界耐久選手権(WEC)第3戦富士6時間レースを前に、新たなEoT(技術均衡値)が発表された。トヨタのTS050 HYBRIDは車両最低重量が26kg引き上げられるが、トヨタはこのEoTが採用されるのは富士を含む6時間以下のレースと、3月のセブリング1000マイルのみになると明かした。

 WEC”スーパーシーズン”最終戦である、来年6月のル・マン24時間レースでは、前戦シルバーストンで採用されたバージョンのEoTが用いられるようだ。

 トヨタは今週末の富士に先立ち、TS050の車両最低重量が26kg引き上げられることや、短いレースでの1スティントのラップ数に関して、これまでLMP1プライベーターたちに対して持っていたアドバンテージをなくすことに合意した。

 TMG(トヨタ・モータースポーツ GmbH)のテクニカルディレクターであるパスカル・バセロンは「我々はこの変更をWECのために受け入れたが、ル・マンに関しては違う」とmotorsport.comに話した。

 彼は、エネルギー回生について規定したルール上、ル・マンにおいてはTS050の車両重量を引き上げる必要はないと説明した。

「ル・マンでは、我々のマシンが1kmあたりで放出できるエネルギー量が低くなるため、(プライベーターたちと)はるかに近づくはずだ。ル・マンでは(ハイブリッド)パワーが55%少なくなる」

 またマーケティングの理由から、ハイブリッドシステムを搭載するトヨタがル・マンで1スティントに走れるラップ数についてアドバンテージを維持する必要があるとバセロンは付け加えた。

「ハイブリッド車は、そうでないマシンよりも長く走行できるように見えるべきだ」

 トヨタは、前戦シルバーストンでのレースで最も近いLMP1プライベーターだったレベリオン3号車に対して4周差をつけた。これを受けてバセロンは、チャンピオンシップのためにEoTの変更に同意したという。

「シルバーストンと同じような事は続けられないという結論に至った。より良いスペクタクルを提供する必要があるのは明らかだ」

 今回の重量増により、1ラップあたり約0.5秒のタイムを失うだろうと述べたバセロンだが、プライベーターたちが打倒トヨタに挑めるかどうかについては明言を避けた。

「どれくらい彼らと近いかは、トラックによるので予想が難しい」

「我々が理解できないのは、シルバーストンで大きな変更があったのにも関わらず、状況に変化がなかった理由だ」

 これが最後のEoT調整になるのかと尋ねると、彼は次のように答えた。

「本来この前(シルバーストン前)のEoT変更が最後になるはずだったので、我々はこれを最後にすべきだと思う」

次の Le Mans ニュース
【PR】ル・マンの歴史を変えた1台、マツダ787B

前の記事

【PR】ル・マンの歴史を変えた1台、マツダ787B

次の記事

ホームで圧勝のトヨタ。TMG村田氏「今回の4周差はチーム力の差」

ホームで圧勝のトヨタ。TMG村田氏「今回の4周差はチーム力の差」
Load comments

この記事について

シリーズ Le Mans , WEC
チーム Toyota Gazoo Racing
執筆者 Marc Fleury
記事タイプ 速報ニュース