トヨタ、7号車の全タイヤを交換しなかった理由を説明

シェア
コメント
トヨタ、7号車の全タイヤを交換しなかった理由を説明
執筆:
協力: Diego Mejia
2019/06/16 23:53

TOYOTA GAZOO Racingのテクニカルディレクターであるパスカル・バルテリが、ゴールまで残り1時間を切った段階でパンクに見舞われた7号車のタイヤ全てを交換しなかった理由を語った。

 TOYOTA GAZOO Racingのテクニカルディレクターであるパスカル・バルテリが、ゴールまで残り1時間を切った段階でパンクに見舞われた7号車のタイヤ全てを交換しなかった理由を語った。

 2019年のル・マン24時間レース。その大半をリードしたのは7号車トヨタTS050Hybridだった。しかしゴールまで残り1時間を切った段階で、パンクに見舞われてしまったことでピットインし、タイヤを交換することになった。ただこの時にはセンサーにもトラブルが生じていたため、本来ならば右リヤタイヤを交換すべきところ、右フロントタイヤを交換してコースに送り出した。そして翌周再びピットインせざるを得ず、大きくタイムロス。僚友の8号車に、勝利を手渡すこととなってしまった。

 8号車のフェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴は、2018年に続き、ル・マン24時間レース連覇を果たすことになった。

 パンクのためピットストップした7号車のタイヤは、1本のみしか交換されなかった。なぜ4輪全てを交換しなかったのかと尋ねられた、トヨタのテクニカルディレクターであるパスカル・バセロンは、次のようにその理由を説明した。

「そういう選択肢も確かにあった。しかし、交換することを決断した場合、4スティントを走ったタイヤを再び履かせる必要があった。安全に走り切ることを目指す時、それは理想的ではない」

 バセロンはそう説明する。

「それが1本だけを交換し、4本全てを交換しなかった理由だ。タイヤに熱が入る前にパンクする可能性が高かった。リスク管理が全てだ」

「今回の場合は、4本全てを交換する方がはるかに良かっただろう。しかし、それは通常行うことではない。最終スティントに、すでに4スティントを走ったタイヤを履かせたくなかった」

 バセロンは次のように付け加えた。

「7号車のドライバーたちは、起きたことを受け入れなければならない。たとえそれが、彼らやチームにとって、とてもとても苛だたしいことであったとしてもだ。なぜなら、レースが終わる1時間前に整っていたランキングに、みんなとても満足していたからだ」

次の記事
順位入れ替えも考えたトヨタ「でも正しい決断をした」と自信

前の記事

順位入れ替えも考えたトヨタ「でも正しい決断をした」と自信

次の記事

”まさか”の勝利。8号車トヨタの中嶋一貴「運によって決まった」

”まさか”の勝利。8号車トヨタの中嶋一貴「運によって決まった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans
イベント 第8戦ル・マン24時間レース
ドライバー ホセ・マリア ロペス
チーム Toyota Gazoo Racing WEC
執筆者 Jamie Klein
まずは最新ニュースを読む