F1
09 10月
イベントは終了しました
23 10月
イベントは終了しました
MotoGP
16 10月
イベントは終了しました
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
スーパーGT
01 10月
イベントは終了しました
R
オートポリス
23 10月
Canceled
スーパーフォーミュラ
17 10月
イベントは終了しました

最速のトヨタ7号車に、ル・マンの女神はまたも微笑まず。チームも「かける言葉が見つからない」

シェア
コメント
最速のトヨタ7号車に、ル・マンの女神はまたも微笑まず。チームも「かける言葉が見つからない」
執筆:

2020年のル・マン24時間レースで、トヨタ7号車がトラブルに見舞われ勝利を逃したことについて、テクニカルディレクターのパスカル・バセロンはかける言葉が尽きてしまったと語った。

 小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスが乗るトヨタ7号車は、2年連続ル・マン24時間レースで最速だということを、その走りで証明していたが、機械的なトラブルで後退。またしても総合優勝には届かなかった。

 トップを快走していた7号車は、夜の時間帯にエキゾーストマニホールドにトラブルが発生。ガレージで右側のターボとエキゾーストアッセンブリーを交換しなければならず、この作業で約30分のタイムロスを喫した。

 これで7号車は4番手に後退。終盤まで表彰台圏内に手が届いていなかったが、レベリオン3号車がクラッチにトラブルを抱えたことで、7号車は最終的にレースを3位で終えた。

Read Also:

 トヨタとしては中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー組の8号車がル・マン3連覇を果たした一方で、チームとしては不運な7号車に心を痛めている。

 7号車は昨年も、レースをリードしながら残り1時間のところでタイヤのスローパンクチャーとセンサートラブルで勝利を失っているのだ。

「7号車のドライバーたちにかける言葉を使い果たしてしまった」

 そう語るのは、テクニカルディレクターのパスカル・バセロンだ。

「7号車は明らかに8号車よりも少し速かった。2年連続でル・マン制覇にふさわしかったのに、彼らにコントロールできない問題が起きた。ドライバーたちには申し訳ないと思っている」

「彼らは全てを適切に行ない、準備をしっかりしていたし、スピードもあった。チーム全体が彼らに同情している」

 トヨタのチーム代表であるロブ・ルーペンも、motorsport.comに次のように話した。

「彼らは昨年よりも支配的だった。本当に上手くやって、1周以上リードしていたんだ。だからあの瞬間は耐え難いものだった。彼らを慰めようとしても、彼らはそれを望んでいなかった。彼らはそれぞれ違う形でそれに対応していた」

「今週ずっと彼らは強かったのに、なぜか8号車の方がル・マンでは少しだけ運があるような気がする。説明がつかない」

 バセロンは、7号車が30分を失う原因となったエキゾーストの問題は、品質に製造上の問題があったと評価。両車に発生した他のトラブルについても説明した。

「レースのかなり早い段階でエキゾーストのトラブルが起きた。明らかに右側のエキゾーストの品質に問題があった」

「それ以外にも、レースでは色々なことが起きた。8号車にはパンクも起きた」

「それから8号車に関して、デブリがブレーキダクトを塞いでしまうという問題が起きた。そのデブリが火災を引き起こし、ブレーキダクト内部が焼けてしまった。ブレーキは交換していないが、ダクトを交換しなければならなかった」

 また、7号車の追い上げを妨げたフロアの問題について、バセロンは次のように話した。

「マイクの最後のスティントで、前を走っていたクルマがカーボンパーツを落とし、それが我々のクルマの下に入ってフロアを傷つけてしまった。我々はそれを修復しようとしたが、明らかにそれには時間がかかるだろうから、(修理せずに)走り続けることにしたんだ」

 来季からLMH(ル・マン・ハイパーカー)規定の新マシンを投入する予定のトヨタ。ルーペンは複雑な感情を抱えながらも、LMP1マシンであるTS050ハイブリッドにとって最後のル・マンに満足しているようだ。

「全て我々の計画通りとはならなかったが、良いレースだった」

「ル・マンを特別なものにしている大勢のファンがいなかったのは残念だった」

「しかし、ハイテクカーと多くの感動的で素晴らしいレースが行なわれた素晴らしい時代だった。最初はアウディ、そしてポルシェ、さらにレベリオンとも争った」

「来年は新しいハイパーカーが登場し、これまでとは違ったエキサイティングな年になるだろう」

Read Also:

関連動画

中嶋一貴&トヨタ8号車、ル・マン24時間レース3連覇を達成! 小林可夢偉のトヨタ7号車は3位

前の記事

中嶋一貴&トヨタ8号車、ル・マン24時間レース3連覇を達成! 小林可夢偉のトヨタ7号車は3位

次の記事

トヨタ豊田社長「勝利は嬉しくも、それ以上に悔しさを感じている」

トヨタ豊田社長「勝利は嬉しくも、それ以上に悔しさを感じている」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans
イベント 24 Hours of Le Mans
サブイベント Race
チーム Toyota Gazoo Racing
執筆者 Filip Cleeren