ル・マン24時間 24 Hours of Le Mans

BMW、ル・マン予選初日トップは予想外も「ポールポジション獲得ありうるぞ!」

BMW MチームWRTの代表を務めるヴァンサン・ボッセ代表は、ル・マン24時間の予選初日トップに立ったことに驚きつつも、セクター3での速さが結果につながっていると語った。

#15 BMW M Team WRT BMW M Hybrid V8: Dries Vanthoor, Raffaele Marciello, Marco Wittmann

 2024年のル・マン24時間レース予選初日は、15号車BMW MハイブリッドV8(ドリス・ヴァンスール、ラファエル・マルシエッロ、マルコ・ウィットマン組)が最速となったが、これはチームにとっても驚きの結果だったという。

 下馬評ではポルシェが優勢だと見られていた中で、15号車はヴァンスールが3分24秒465を記録しトップとなった。これで15号車は上位8台のグリッドを決めるハイパーポール・セッションに進出した。

 アタックを担当したヴァンスールは第1セクターでは16番手に留まったが、最終セクターでライバルたちに大きな差をつけたのだという。

「こんなことは予想していなかった」とボッセは認めた。

「本当に予想外だったが、特にドリスの最後のセクターで大きな差ができた」

「そうするためには良いクルマも必要だが、良い準備も必要なんだ!」

 予選はトヨタ7号車の小林可夢偉がコースオフしたことで赤旗が掲示され数分早く終了となったが、ボッセは赤旗が無くてもハイパーポール進出は可能だったと考えている。

 また、ハイパーポールセッションに向けても、ポールポジションを獲得できる可能性があると自信を覗かせた。

「可能性が無いなんてことはない。そうだろう? 彼は今日それをやってのけたんだ。それに彼は進歩しているんだ。最初の2セクターでコンマ5秒もタイムを更新した。だから可能性が無いなんてことはないんだ」

 

前の記事 フェラーリ、ル・マン24時間でのタイヤ温度”監視徹底”を求める。ウォームアップで秀でるポルシェ牽制?
次の記事 ポルシェが最後の最後に大逆転でポール獲得! キャデラック、フェラーリら及ばず|ル・マン24時間ハイパーポール

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本